副業・ブログ

【独自ドメイン】最適な独自ドメインサービスを選ぶポイント

2022-04-18

【独自ドメイン】最適な独自ドメインサービスを選ぶポイント
そら
「独自ドメイン」って、「.com」とか「.jp」とかいっぱいあるけど、どれにすればいいのかな
「ドメインの取得サービス」もたくさんあって、どこにすればいいのか悩むよね~
とろ
いくら
じゃあ、「独自ドメイン」のことについて一通りまとめてみましようか
ララ
「アフィリエイト」をする場合、本格的につくり上げる「メインサイト」や「メインブログ」には「有料レンタルサーバー」を利用するのが一番いいと思うけど、「有料レンタルサーバー」には、「独自ドメイン」の取得が必要になるんだよね
「ドメイン」とは、「サイト」のインターネット上の住所のようなもので、例えば、「mattarito.jp」というのがそれに当たるんだよ
あんみつ
ハル
「無料ブログ」を使おうとすると、「ドメイン」はそのサービス特有のものが使用され、それに「本人が指定する文字列」を加えて「アドレス」とするんだよね
さらにそこに、各ページの「ファイル名」や「ディレクトリ名」がくっつくので、「アドレス」は長くなることが多いよね
おはぎ
ゆず
でも、「長すぎるアドレス」は、「SEO的」にはよくないと言われていて、自分で文字列を設定できる「独自ドメイン」の方が、「無料ブログ」よりも短い「アドレス」を作れるため認知度も上がり、「SEO上「は「評価が高くなる」みたいだよ
もなか
この記事では、「独自ドメイン」の取得について悩んでいる方のために、「独自ドメイン」の「よい点」や「独自ドメイン取得サービス」を選ぶときの基準などについて整理していきましょう
この記事を読むことで、「独自ドメイン」の「メリット」「デメリット」「選択のポイント」などがよく分かり、「独自ドメイン」をどこで取得すればいいのかや、どんな「ドメイン名」を選んだらよりよいのかを判断するための一助になるかもしれませんよ
ミイ

この記事を読んでほしい人

  • 独自ドメインを利用しようかどうか迷っている人
  • 独自ドメインのメリットを知りたいと思っている人
  • 独自ドメインの取得サービスをどこにしようか考えている人
  • SEOに有利と言われるおススメのドメイン名を知りたい人
  • 日本語のドメイン名の取得に関心がある人
ムームードメイン 公式サイトはこちら
Xserverドメイン 公式サイトはこちら
お名前.com 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
【レンタルサーバー】最適なサーバーを選ぶ際のポイント

続きを見る

独自ドメインを使うメリット

あんこ
「独自ドメイン」は、「自分の好きな文字列を設定できる」というのが、「無料ブログ」などにはない、大きな「メリット」と言えるよね
好きな名前を「ドメイン名」として付けて作り上げた「サイト」や「ブログ」は、「オウンドメディア」として愛着がわくだろうし、読者への「分かりやすさ」やブランディングなどの「アピール」になりそうだね
ミント
とろ
「無料ブログ」などでは、「ドメイン名」が結果的に長いものなりがちだけど、それを「シンプル」に「長さを短く」できるというのも、いいことなのかもしれないよ
キウイ
「独自ドメイン」を使うということは「コスト」がかかるということでもあり、「ウェブサイト作成」のための手間も時間もかかることでもあるため、それだけ「検索サイト」からの信頼性が高まると言われているんだよ
同じ「ドメイン」を、長く使えば使うほど「ドメインエイジ」が高くなり、「被リンク」が蓄積して、その「独自ドメイン」の資産となり、「ドメインパワー」が増して上位表示しやすくなるなど「SEO的に有利」になるんだよね~
ベル
ひめ
その他にも、「独自ドメイン」には、たくさん「メリット」があると言われているので、ちょっと整理してみましょう

ずっと同じアドレス

りん
一度「独自ドメイン」を取得してしまえば、「レンタルサーバー」のサービスを移転するときも、「サーバー移転」の手続きをして、「同じURL」でサイト運営を続けることが可能なんだよ
「独自ドメイン取得サービス」の経営状況が悪化して、会社存続が危うくなっても、「ドメイン移管」という形で、別の「ドメイン取得サービス」にそのまま移せばいいだけになるんだよね
さくら
チャコ
手塩にかけた「サイト」や「ブログ」がなくなってしまうことを、防ぐことができるということであり、この「メリット」はかなり大きいかもしれないよね
あずき
もし「独自ドメイン」を取得しないで、「無料サービス」の「無料ドメイン」を使っていると、「移転する」ときには「URL」も変えなくてはいけないし、「運営会社側の判断」で「削除」されたり、「運営会社が倒産」するなどして「消滅」してしまうという危険もあるよね
移転して「URL」が変わってしまうと、「アクセス」や「SEO」は、また「ゼロからスタート」になってしまうし、そのあと、以前の「アクセス数」や「検索順位」に戻ることは、かなり難しいことになりそうだよ
みかん
ココア
せっかく獲得した「読者の数」や「信頼」、「Google」などの「検索エンジン」からの「ドメインへの信用」を、また一から育てなければいけなくなるのは、正直しんどいよね~
長く使い続けた「アドレス(ドメイン)」は、時間をかけて、ゆっくりと「資産化」できると言えそうだね
ジジ

専用メールアドレス

チョビ
「独自ドメイン」を取得することで、その「ドメイン専用」の「メールアドレス」が複数個作れるようになるんだって
これは、けっこう便利な機能かもしれないよ
さんた
むぎ
「プロバイダー契約」で取得した「メールアドレス」とは違い、「プロバイダー」を変えても、「アドレス変更」の手間が必要ないからね
よく「メールアドレス」として使われる、「プロバイダーのアドレス」「無料メールアドレス」「携帯(スマホ)のアドレス」に加えて、「独自ドメインのアドレス」が使えれば、使い方次第でかなり利便性が高くなるよね~
もも
ルナ
運営する「アフィリエイトサイト」の「ユーザー」との、「問い合わせ用」「連絡用」などに使っている人が多いみたいだね

SEO的に有利

ココ
「Google」には、いくつかの「検索表示上」の「基本ルール」があり、例えば「上位1ページ内に表示するコンテンツは、同じドメイン内のページを2つ以上表示させない」といった制限があるみたいだよ
つまりこれは、「無料ブログ」の場合、「同じドメイン」の中に「複数の競合サイト」があるため、「1つのキーワード」につき「検索上位1ページ内に表示」されている「ウェブサイト」が「1つ」でもあれば、「自分のサイト」は「上位1ページ内には表示されにくくなる」ことを意味しているんだよね
きなこ
とろ
要するに、「無料ブログ」では、「Google」の「検索上位に表示」されるかどうかよりも前に、「同じブログサービス内」で「上位1ページ枠」を取らなければならないということになり、「2重の競争」に勝ち残らなければならないんだよ
抹茶
「独自ドメイン」であれば、「同じドメイン内」にあるのは「自分のサイト」しかないから、単純に「Google」での「検索上位」を目指せばいいだけになるということなんだよね
「ネット検索」をしてみるとよく分かるけど、「検索上位」のサイトで、「無料ブログ」を利用している「ウェブサイト」は、ほとんどないらしいよ
レモン
ぽんず
たまに「検索上位」に「無料ブログ」があっても、「はてなブログ」があるくらいで、他の「無料ブログ」は、たとえ「有料プラン」であっても、「SEO的」には圧倒的な不利を強いられることになるみたいだね
この傾向は、今後もっともっと強くなっていくと言われているそうだよ
こむぎ

メリットのまとめ

ぷりん
「独自ドメイン」を使用して「ウェブサイト」を作成することには、いろいろと「メリット」が多いのはよく分かったと思いますので、ざっと整理しておきましょうか
独自ドメインのメリット

■自分の好きな文字列を設定できる

■好きな名前を「ドメイン名」とすることで愛着がわきやすい

■読者への「アピール」や「ブランディング」がしやすい

■「ドメイン名」をシンプルに短くできる

■「ドメインエイジ」が高くなればSEO上有利

■「ドメインパワー」が上がれば上表示しやすくなる

■同じURLをずっと使い続けることができる

■「ドメインの移管」がサイトごとそのままできる

■サービス終了などによる突然のサイト閉鎖ということがない

■サイトやブログを長い目で見て「資産化」できる

■そのドメイン専用のメールアドレスを作ることができる

■シンプルに検索上位を目指すことができる

デメリット

ひな
「独自ドメイン」は、「アフィリエイト」するときには、非常に重要な「メリット」を持つんだね
「独自ドメイン」には「デメリット」もあるんだけど、こちらも「ポイント」だけ押さえておこうよ
ルル
独自ドメインのデメリット

■ウェブサイトの開設・維持のために「費用がかかる」

■PC/ITの知識が必要となり、開設・維持の「ハードルが少し高い」

■最初はGoogleの検索上位に表示されにくいため、「アクセスを集めるのが大変」

■「サイトパワー」を高めるのに「時間がかかる」

あんず
「独自ドメイン取得」の最大の「デメリット」は「継続的に費用がかかること」ですが、「ウェブサイト」で「アフィリエイト」を行うつもりならば、「料金」を払っても「ドメイン取得」の「メリット」のほうが大きいと思うよ

ドメイン取得サービスを選ぶ

メイ
「有料レンタルサーバー」を選ぶときには、「料金」のほかに、その「レンタルサーバー」の「信頼性」や「性能」とのバランスが必要になってくるんだよ
だけど、「独自ドメイン取得サービス」を選ぶときには、「料金」がもっとも大切だと言われているんだって
ミミ
すず
「サーバー」とは違って、「独自ドメイン」は、言ってみれば「住所表示」であり、「ただの文字列」だからというのが理由みたいだよ
たしかに、どの「独自ドメイン取得サービス」で取得しても「.com」は同じ「.com」であり、「.jp」は同じ「.jp」だよね
とろ
たま
「取得サービス」が違ったからと言って、区別はされたりしないよね
「独自ドメイン」は、一度取得したら、ずっとそれを使い続けられ、必要があれば「サーバー移転」や「ドメイン移管」の手続きをすればいいだけだからね
ひなた
くるみ
そのため、「独自ドメイン取得サービス」は、「他社と差別化」するために、競って「ドメイン取得料を安く」したり、さまざまな「キャンペーン」を行なっているみたいだよ
基本的にはどこで「独自ドメイン」を取っても同じなので、「値段」で決めても構わないんだって
みるく
茶々
「価格」を見るときの「ポイント」は、「初年度の費用」よりも「2年目以降の費用」をよく確認しておくといいみたいだよ
「ドメイン取得費用」だけでなく、「余分な維持・管理の費用」がかからないかも注意しておく必要がありそうだね
ハナ
ナナ
例えば「お名前.com」の場合、「Whois情報公開代行サービス」は、ドメイン購入時に申し込みをすれば「無料」で済むけど、「ドメイン購入後」にあとから申し込みをした場合には「サービス料金」が毎年発生するので、「購入時の申し込み」を忘れないようにしなければならないみたいだよ
チョコ
利用する「レンタルサーバー」がすでに決まっていれば、その「レンタルサーバー」と一番相性がいい「同じ系列の独自ドメイン取得サービス」を選んでおけばよさそうだね
「レンタルサーバー」と「同じ系列の独自ドメイン取得サービス」ではなくても、ネット上に「実例などの情報」が豊富にある「人気のある独自ドメイン取得サービス」を選べば、まったく問題ないと思うよ
マロン

アフィリエイト向きドメイン

うに
「ドメイン名」とは、「○○.com」や「○○.jp」などの、「http://」「https://」から下の、「アドレス」の「一番上位にあたる部分」のことなんだよ
「ドメイン名」のうち、「.(ドット)」で区切られた一番右側部分を、「トップレベルドメイン」(TLD:Top Level Domain)と呼ぶらしいよ
モカ
とろ
「トップレベルドメイン」は、大きく分けて「2つの種類」があり、用途や分野に応じた「分野別トップレベルドメイン」と、国や地域を表す「国別トップレベルドメイン」があるんだって
よく耳にする「.com」や「.net」などは、「分野別トップレベルドメイン」に属し、「.jp」などは「国別トップレベルドメイン」になるんだよね
プチ
抹茶
「のんびり探偵の散歩」を例にとれば、「mattarito.jp」が「ドメイン名」で、「.jp」が「トップレベルドメイン」だということになるわけだね
もも
現在では、「トップレベルドメイン」はたくさんの種類があるんだけど、それぞれに「ユーザーに与える信頼度」や「SEO的な有利不利」が違うと言われているみたいだよ
中でも「.jp」は、日本の「国際的信頼度」が高く、「世界一安全な国別ドメイン名」と評価されているらしいよ
ぷりん
ルル
これを取得できるのは「日本に住所がある組織・個人だけ」であるため、この「トップレベルドメイン」を使用している「ウェブサイト」は「信頼度」が高く「SEO的に有利」とされているんだって
それ以外にも、「分野別トップレベルドメイン」の中では、「.com」や「.net」が「評価が高い」と考えられているみたいだね
あんこ
ミイ
「ドメイン」は「早い者勝ち」で取得されていくので、「『.com』を取ろうとしたらもう取られていた!」と言う人は多いと思うけれど、例えば、「同じ文字列で『.info』にしたい」というのは、ちょっとよくないかもしれないよ
「ドメイン」には、それぞれ「意味」や「用途」が決まっているものがあり、「取得できる条件」や「メリット」「デメリット」もあるということを、頭に置いておく方がいいかもしれないね
ナナ
りん
あまり変わった「トップレベルドメイン」を選ぶよりも、「.com」「.net」「.jp」の3つの中から選んでおけば間違いはないけれど、「.jp」は、ほかの2つに比べて「料金が2倍以上高くなる」ということには注意が必要かな
「.com」「.net」「.jp」の3つに関しては、「SEO的」に「同じくらいのレベル」と言われているので、あとは「ウェブサイト」の内容と「親和的なイメージ」のものを選べばいいと思うな
うに

日本語ドメイン

モカ
「独自ドメイン」は通常「アルファベットの文字列」だけど、「日本語の独自ドメイン」も取得が可能なので、「(日本語).jp」としているところも少しずつ増えてきているようだよ
「(日本語).jp」は、「SEO効果」がかなり高いと言われていて、例えば「日本料理.jp」と「日本料理.com」という2つのサイトを比べた場合、「Google」は「日本料理.jp」を上位表示する可能性が高いらしいね
ココア
チョコ
「SEO」では、最終的には「コンテンツの問題」になるので、「ドメイン」だけで「検索順位」が決定するというわけではないんだよ
だけど、少しでも「検索順位」を上げるかもしれない要素であるなら、検討してみる価値はあると思うよ
ハナ
むぎ
ただし、その効果を発揮できるのは、「日本語でアクセスされる場合」だけであることも、忘れてはいけないよね
「日本語ドメイン」は、「海外アクセス」の視点から見ると、逆に「SEO上不利」になってくるんだよ
おはぎ
とろ
「日本語」は「ITの世界」では「2バイト言語」とも呼ばれ、表示するのに「文字に対応したコード」が必要になるんだけど、「ドメイン名」に「日本語」を当てはめた場合、「アルファベット表記」になると「意味のわからないアルファベット文字列」に変換されるからだね
「日本語で検索」されることが確実なら、「日本語ドメイン」もいいかもしれないけど、英語やフランス語などの「アルファベット表記の言語で検索」されると、「日本語ドメイン」は不利になるよね
あんず
たま
もし「バイリンガル」で「ウェブサイト」を運営している場合は、「日本語ドメイン」を含めて「2つ以上の独自ドメイン」を取得して、「表示する言語によって使い分ける」のもいいかもしれないね
あまり「ドメインに固執し過ぎない方がいい」と思うんだけど、「SEO」や「イメージ効果」も考えつつ、「あとで変更しなくてもいいように」少し長い目で見て考える方がよさそうだね
すず

人気のドメイン取得サービス

くるみ
「独自ドメイン取得サービス」はたくさんあるんだけど、よく利用されている「人気のサービス」は、いくつかに絞られるみたいだよ
「独自ドメイン」は、取得しただけではダメで、適切に「レンタルサーバー」に「手続き」「設定」しなくてはいけないんだ
キウイ
チャコ
インターネットで検索して、「設定や手続きなどの記事が多いサービス」が、結局は使いやすいみたいだし、「利用者が多い独自ドメイン取得サービス」を選べば、比較的「安全性」が高く、最終的に「倒産などのリスク」にも備えられると思うよ
とろ
人気がある「ドメイン取得サービス」と言えば、「エックスサーバードメイン」「ムームードメイン」「お名前.com」の3社が有名だよね
この中から選べば、問題はほとんどないんじゃないかな
ぽんず
茶々
もちろん「独自ドメイン取得サービス」はほかにもあるので、いろいろ探して、「安いところ」を見つけてみるのもいいかもしれないよ
基本的には、「どこの独自ドメインサービスで取得しても問題ない」ということだね
みかん

おススメのドメイン取得サービス3選

ムームードメイン

「ムームードメイン」は、「GMOペパボ」が運営するドメイン取得サービスで、同系列のレンタルサーバーとして、「ロリポップ!レンタルサーバー」「ヘテムル」などがあり、取得したドメインとこれらのサービスとの連携が非常に簡単です。

取り扱うドメインの種類は「400種類以上」であり、「お名前.com」には及ばないものの、非常に多くのドメインの中から選ぶことができますので、欲しいと思っていたドメインをきっと探し出すことができるでしょう。

同じ「GMOグループ」傘下の「お名前.com」「バリュードメイン」などと共に、ドメインの種類が多く、充実のオプションサービスがあり、価格も比較的安いので選びやすい点が魅力で、とくに利用するレンタルサーバーが「ロリポップ!レンタルサーバー」「ヘテムル」の人には、イチオシになります!

エックスサーバードメイン

「エックスサーバードメイン」は、レンタルサーバー大手の「エックスサーバー」と同系列のドメイン取得サービスで、「エックスサーバー」との連携が、まさに「シームレス」と言えるほどカンタンでスムーズにできます。

取り扱っているドメインの種類は、以前は有名どころのドメイン取得サービスの中ではもっとも少ない部類でしたが、定番以外のドメインもバラエティ豊かになりましたし、定番のドメインの価格が比較的安いのも特徴と言えます。

「特別変わったドメインにしない人」や、「使用するレンタルサーバーが『エックスサーバー』である人」「安心・安全なサービスがいいと思う人」「使いやすさと安さを両立しているサービスを探している人」には、「エックスサーバードメイン」を一番におススメします!

お名前.com

「お名前.com」は、ドメイン取得サービスのなかでは、もっとも名が知られているサービスの1つで、「GMOインターネット」が運営している安心できるサービスであり、同系列のレンタルサーバーとして「お名前.com レンタルサーバー」があります。

ドメイン事業者としては、国内シェアが「No.1」であり、もともとの価格が比較的安く設定されているのに加えて、さらにドメインを安く取得できる「セール」や「キャンペーン」も頻繁に開催されているので、それをうまく活用すれば、ドメインをおトクに購入できます。

取り扱いのドメイン数がとても多いのが特徴で、「580種類以上」の種類の中からドメインを選べるので、個々の事情にピッタリ合った、気に入ったドメインがきっと見つかるでしょう。

ブログ作成の知識はチェックしておこう!

ブログ作成の情報集めには電子書籍が便利かも

BOOK☆WALKER

「BOOK☆WALKER」は、業界TOP3に入る大手出版社「KADOKAWA」が運営する「電子書籍ストア」で、運営会社の安全性は高く安心して利用でき、「全ジャンル」にわたって品揃えされていますが、「ライトノベル」では「KADOKAWA」は絶大な影響力があり、それがそのまま「BOOK☆WALKER」の大きな特徴になっているため、とくに「ライトノベル」「マンガ」「小説」「写真集」などの「エンタメ系のジャンル」には強みがあります。

会員登録をすると無料で自動適用される「ブックウォーカークラブ」という「会員ランク制度」があり、毎月の購入額でランク分けされて、ランクによって「電子書籍」を購入したときの「ポイント還元率」がアップしていきますし、ほかにも「初回購入金額の50%ポイント還元(上限なし)」「追加料金なしのオリジナル特典つき電子書籍の配信」「予約購入するだけで還元率アップ」「まる読み10分」などのキャンペーンも充実しているほか、スマホやタブレットのアプリも高機能で使いやすいと好評!

「ライトノベルが好きな人」「作者やイラストレーターによる『オリジナル描き下ろし』『ショートストーリー』『ドラマCD』などの『オリジナル特典つき電子書籍』が欲しい人」「ジャンルを問わず書籍を毎月一定額以上購入する人」「キャンペーンやポイント還元率は大切だと思う人」「『文庫・ライトノベル』『マンガ・雑誌』の読み放題プランに魅力を感じる人」「エンタメ系の本を中心に利用したい人」「KADOKAWA系の作品が好きな人」には、おススメ!

コミックシーモア

「コミックシーモア」は、「NTT」のグループ会社が運営する「総合電子書籍ストア」で、「電子書籍サービス」としては「老舗中の老舗」と言える安心安全なサービスであり、「全ジャンル」の書籍を揃えていますが、とくに「マンガ」には力を入れていること、サイトが分かりやすい作りになっていることや、「割引」や「ポイント還元」などの「おトク」が充実しているのも特徴。

「読み放題プラン」が2種類あり、自分の「マンガ」を読む「ジャンル」や「分量」に合わせて選べることや「レンタルプラン」もあること、「無料読み放題作品」の数も多く「無料コミック」や「セール」を毎日更新するなど更新頻度も高いこと、各書籍の「レビュー」が充実していて内容や評価を把握しやすくなっているのは、とても便利で魅力的!

「書籍は分かりやすいサイトを利用したいと思う人」「毎月定期的にマンガを購入している人」「『キャンペーン』『割引』『ポイント還元』が好きな人」「まんがを中心に他の書籍も読みたい人」「新しいマンガだけじゃなく古いマンガも楽しみたい人」「自分に合った『読み放題プラン』を選びたい人」には、とてもおススメ!

楽天Kobo

「楽天Kobo」は、「楽天」が運営する、「Kindleストア」に次ぐ業界シェアNo.2の安心安全な「電子書籍ストア」で、ジャンルや品揃えに関してはこの2つが業界最高レベルであり、ほとんどすべての「出版社」「ジャンル」の書籍と取り揃えていますが、特に「洋書」に関しては「kindleストア」をしのぐほどの品揃えで使い勝手もよく、また、専用リーダー「Kobo」でも「スマホ」や「タブレット」用の「アプリ」でも読むことができるのは便利です。

自分の好きな本だけを読むのなら、「ポイント」が使える「楽天kobo」の方が「kindleストア」よりもお得であり、「amazon」より「楽天」を使うことが多ければ、「楽天カード」などとの連携で「ポイント」がザクザク貯まるので、「キャンペーン」や「クーポン」「セール」などをうまく利用し、「ポイント」とあわせて使えば、かなり「おトク」にできますし、雑誌専門の「定額読み放題サービス」である「楽天マガジン」もあるのは魅力!

「楽天市場や楽天関連のサービスを普段よく利用する人」「楽天カードを持っている人」「割引きよりもポイント還元が好きな人」「電子書籍専用リーダー『Kobo』を使いたい人」「小説や洋書を中心に購入する予定の人」「楽天の『セール』や『キャンペーン』『クーポン』を利用したい人」「雑誌だけ読めればいいので『楽天マガジン』に魅力を感じる人」には、とくにおススメ!

ブック放題

ブック放題

「ブック放題」は、350種類以上の雑誌が読めるソフトバンク系の「雑誌読み放題サービス」で、「1ヶ月無料のお試し期間」があることや、「記事検索ができる」「複数端末が利用できる」、事前にダウンロードした雑誌をいつでも「スマホアプリを使って読める」ことなど、使い勝手がよいのはうれしいところ。

大きな特徴は、最新の「雑誌」だけでなく「マンガ」も読み放題で楽しめることで、マンガは旧作が中心ですが3万冊以上が揃っており、「懐かしの名作マンガ」が楽しめるのと、「旅行誌るるぶ」の取扱が他のサービスよりも圧倒的に豊富なので「旅行好き」には魅力的!

「月額料金が安い雑誌読み放題サービスを探している人」「なつかしいマンガが大好きな人」「旅行先で『るるぶ』が見たい人」「日常や旅先での暇つぶしに雑誌を読みたい人」「雑誌記事を検索したい人」「複数端末で利用したい人」には、おススメです!

この記事のまとめ

    • 独自ドメインは、無料ブログなどのドメインに対して自由度が高く、SEO上有利な点も多い
    • サーバー移転する場合もドメイン移管をすればよく、同じアドレスをずっと使い続けられる
    • 独自ドメインではサイトの育成に時間がかかり、上位表示までに少々手間が必要になる
    • 独自ドメイン取得サービスを選ぶ際には、「2年目以降の料金」と「利用するサーバーとの相性」がポイントとなる
    • ドメインは「.com」「.net」「.jp」がお勧めであり、その他のドメインや日本語ドメインは必ずしも必要ない

 

  • この記事を書いた人

のんびり探偵

「いぬ」も好きだけど、やっぱり「ねこ」がいいな~と思う今日この頃。 「ねこ」好きなので、これが「世を忍ぶ仮の姿」です。 趣味に関する記事だけでなく、実用的なお役立ち記事もたくさん掲載していきたいと思っています。 でも、「ねこ」は超のつくほど「マイペース」な生き物。 私も「ねこ」系なので、あくまでも「のんびりと」「まったりと」「ゆる~く」更新していきます。そのあたりはお許し下さいね。

-副業・ブログ