ルナルナ

薬剤師さんの転職って、求人が安定していてよさそう

そらそら

ドラッグストアだとか、薬を扱うところもたくさんあるし就職先には困らなそうだよね

とろとろ

じゃあ今回は、薬剤師さんの転職のポイントをまとめてみるよ

 「薬剤師」の活躍の場は、昔に比べてものすごく幅広くなりました。

当然、転職する人もとても増えていますが、せっかく転職したのに「転職に失敗する人」も多くいるようです。

「そうそう何度も転職できないし、困ったなぁ」と悩んではいませんか?

でも、「薬剤師転職」のためのコツを要領よく押さえることで、そういう事態は防げるかもしれません。

この記事では「転職を検討している薬剤師の女性」のために、「薬剤師の転職の際に押さえておきたいポイント」をお話ししていくことにしましょう。

この記事を読めば、「薬剤師の転職」を成功させるために大事な、うまくマッチングした「医療機関・企業・薬局」などの転職先が探しやすくなり、「転職成功」の近道にできるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

転職したいと思っている薬剤師の人

職場に違和感を感じている薬剤師の人

待遇などに不満を持っている薬剤師の人

人間関係に不安のある薬剤師の人

転職の仕方がよく分からない薬剤師の人

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

口コミや失敗談が物語るもの

 転職したばかりの職場で、「これは失敗したかな!?」と思うような瞬間があるかもしれません。

ネットを検索して見ると、そうした「失敗談」が山のように出てきます。

「薬剤師」はどうかと言えば、国家資格のため限られた人数しかいない割には「転職」する人の数は多いです。

その一番大きな理由は、チェーン店タイプの調剤薬局やドラッグストアなども激増し、とくに地方では、「薬剤師」が必要な職場で人手不足が慢性化しており、転職市場においても慢性的に「売り手市場」が続いていることでしょう。

そのため、「薬剤師」の転職のハードルはほかの業種よりも低く、よりよい就業条件を求めて転職を繰り返している人も少なくないようで、自然と複数回の転職経験がある薬剤師が多くなり、比較的短い期間で立て続けに転職をすることに対しても、マイナスとして見られないことが多いと言われています。

それだけ、受け皿となる「薬剤師」を必要としている転職先が多数存在するということでもありますが、「口コミ」や「失敗談」を見てみるとそれ以外にも「薬剤師」に転職が多い理由があるようです。

「薬剤師」の転職理由

人間関係が悪い

「薬剤師」は、職場の範囲が狭く、自然と狭い人間関係の中で仕事をしなければならないことが多くなります。

そのため、対人関係のトラブルが非常に多いのが特徴で、かりに自分とは相性が悪い人がいたとしても逃げようがないため、環境を変えるためには転職するしかないということのようです。

仕事量が多すぎる

「総合病院」や、総合病院近くにある「調剤薬局」などでは患者の数が多いため仕事量も多くなり、ハードな職場となっているようです。

「身体を休めたい」「もっと心にゆとりを持ちたい」「プライベートに余裕が欲しい」などという理由で、転職をすることになるようです。

給与が低い

「薬剤師」は勤め先にどこを選ぶかによって待遇に開きがあり、みんながみんな高給取りになるわけではなさそうです。

どちらかというと、「都会」より「地方」、「病院」「研究施設」より「調剤薬局」「ドラッグストア」が、より高給を出す傾向にあるようで、人手不足が予想されるところのほうが高給が出るということでしょう。

責任が重すぎる

これは中規模以下の「調剤薬局」に多い例と言われますが、少なめの人数で切り盛りするために、「比較的重い責任」を背負わされてしまうというストレスがあるようです。

そうしたところは、責任や役割の範囲もあってないようなものだという人もいます。

仕事に慣れない

「薬剤師の資格」はさまざまな業種に受け皿があるため、薬に関する仕事以外にもしなければいけないことが出てくるかもしれません。

例えば、「製薬会社」であれば、MRなどの営業に回されると医師や病院とのパイプ作りなどの仕事もしなければなりませんし、「ドラッグストア」などであれば、接客をしなければならないなど、「薬剤師」としての腕前以外にも幅広い対応力が求められることがあります。

このほかにも、ネットの「口コミ」や「失敗談」などには多種多様な転職理由が書き込まれていますが、それらを総じて言えるのは「実際の『仕事内容』や『待遇』、『職場の関係性』などが、転職前の予測とギャップが大きかった」ことが大きいということのようです。

絶対に譲れない条件は?

 こうしたさまざまな転職理由があるようですが、すべての条件を満たすような職場はないでしょう。

しかし、自分の転職理由や条件をしっかりと整理しておかなければ、転職先を選ぶ際に見るべきところを見逃して、ブラックな職場に転職してしまうかもしれません。

ブラックな職場は、入るのは簡単ですが、出るのは骨が折れますし、在籍中はかなりの負担やストレスを強いられます。

サービス残業があるとか、残業できないような雰囲気なので家に持ち帰って書類を書いたり、休日に出勤することを暗に求められたりするかもしれません。

あるいは、残業があるのが当たり前になっていて、17:00台の退社ができない。

「薬剤師」の採用が追いつかず常に人手不足で、教育機能はなく、希望しない異動を求められることもあるなど、スタッフも疲弊しており離職率が高い。

こうした状況が続くと、どんどん消耗してしまい仕事どころではありませんし、少々給料が高くても割に合わないような気がするのもよく分かります。

こうした「ブラックな職場」に転職するのを防ぐには、「転職の理由」「転職先に求める条件」「譲れない条件(転職で実現したいこと)」をしっかり整理しておくことが大切です。

「薬剤師」の自己分析

■現在の職場をどうして転職したいのか

■現在までの職業体験や経験で学んだことは何か

■理想としてどんな薬剤師になりたいのか

■理想としてどんな働き方をしたいのか

■プライベートと仕事のバランスはどうしたいか

■薬剤師の仕事のなかで得意なことは何なのか

■薬剤師の仕事のなかで不得意なことは何なのか

■薬剤師の仕事のなかでやりたいことは何なのか

■薬剤師の仕事のなかでやりたくないことは何なのか

■自分の強み・長所はどこか

■自分の弱み・短所はどこか

■薬剤師の仕事のなかで自分の長所や短所がどう関わるか

■現在どんな問題点や悩みがあるか

■薬剤師の仕事のなかで自分の悩みがどう関わるか

とくに、「絶対譲れない条件(転職で実現したいこと)」は、多くても「3つ」くらいまでにとどめて、ブレないように転職活動をすすめていくほうがいいかもしれません。

【女性転職】仕事を変えたいと思ったらどうすべきか

選択した職場との「好相性の実現」がカギ

 一方で、ホワイトな職場に「薬剤師」として勤めることができれば、転職が飛躍のきっかけとなるかもしれません。

担当する仕事量があまり多くなく、「薬剤師」への配置も十分なので残業が発生しないため、きちんと定時で仕事が終了するのはとてもうれしいことですよね。

そういう職場では、薬剤師も事務スタッフも仲が大変よく、コミュニケーションがとれていて雰囲気がよいため、社内に活気があります。

仕事がほぼ毎日17時台に終わるので明るいうちに家に帰れるので、家事もしっかりできるし、家族、とくに「子供たち」との時間もしっかりとれて「ワーク・ライフ・バランス」が充実するでしょう。

また、「業務量」と「薬剤師」配置人員の「バランス」がとれており忙しすぎないので「自分のペース」で仕事ができ、じっくり勉強もできそうです。

経験豊富な先輩の「薬剤師」からゆっくりと仕事を教えてもらえるので入社後も安心で、「未経験者」でも問題なく成長できるなど、「よいサイクル」ができており、あなたはその輪の中に入るだけで自分自身も「よいサイクル」を獲得できます。

「薬剤師」を必要としている職場は数多く、選択肢は広いと言えますが、その一方で、比較的少人数で構成される職場であることが大多数で、人間関係が狭く「逃げ道があまりない」場合が多いので、「選択した職場とあなたとの相性がいい」ことがかなり重要なカギになってくるでしょう。

薬剤師の転職成功に必要な「5つのポイント」

 これらを踏まえて、「薬剤師の転職」を成功させる「5つ」のポイントをきっちり押さえて、転職活動を「スムーズ」に「実りあるもの」にしていきましょう。

「薬剤師の転職」5つのポイント

1:「情報収集」をできる範囲で念入りに行う

2:必ず「職場見学」をし、「職場の雰囲気」「人間関係」を読み取る

3:できる限り「待遇と職場環境」「仕事とプライベート」のバランスをとる

4:在職中から転職活動をし、転職におけるブランクは最小限にする

5:「転職エージェント」などを上手に活用する

情報収集にはとくに力を入れて、「ストレスをためない」「余計なことで消耗しない」ために、良質な職場環境を手に入れることを最大の目標と考えてもいいかもしれません。

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

情報収集は可能な範囲で念入りに

 転職活動の成否を左右する要素の1つは「情報収集」なので、これを丁寧にやっていきましょう。

「インターネット」「ハローワーク」「職場の下見」「転職サイト」「転職エージェント」などを駆使して、できる範囲でかまわないので、「薬剤師転職」に関する情報を集めて整理していきます。

「自己分析」や「条件整理」が十分にできていれば、すぐにいくつかの「目に留まる求人」が探し出せるかもしれません。

「行きたいところが決まっている」場合も、「自己分析」や「条件整理」とすり合わせをしておくとよさそうです。

「これいいんじゃないかな?」という求人を見つけたら、以下の点に注意をして「待遇」などの「求人内容」を読み取っていきます。

薬剤師求人の注目箇所

薬剤師数

処方応需枚数

科目

有給消化率

手当および給与補助

賞与および算出方法

研修制度

勤務時間

残業の有無と平均残業時間

福利厚生のシステムと施設

「転勤」「転属」「配置換え」の有無

昇給率(「ベースアップ」と「定期昇給」)

キャリアアップの可能性と時期

仕事内容

そして、いくつかの「気になる求人」を探し当てることができたら、それを比較検討していきます。

この「求人のピックアップ」の質や精度が高ければ高いほど、よい職場に早く転職ができることになると言えます。

職場見学は必ずしておく

 「薬剤師」は人間関係の幅が狭い職場で働くことが多いですが、そのため職場の雰囲気は必ず転職活動中に見て確認しておきましょう。

例えば「薬局」などでは、その雰囲気を決定づける大きな要因は、「薬局の責任者(管理薬剤師)」か、「もっとも年配の薬剤師」「もっとも年配の事務職員」であることがほとんどです。

「薬局」以外の職場でも、「部署の責任者」「部署の最古参の人物」が、「人間関係のありかた」に大きな影響を持つため、その人物の人柄や態度は必ず見ておくといいようです。

その他にも、「教育担当」「同じ職場グループ内のすぐ上の人物」など、自分がそこに入職した場合に接する可能性がある人物の性格は注意して見ておくといいかもしれません。

同じ会社でも「薬剤師」が配属される可能性がある部署や店舗が複数ある場合は、あなたの採用される予定のところは必ず職場見学したうえで、「転勤」や「転属」「異動」なども考慮に入れて情報収集をしておくべきでしょう。

職場見学では、最低でも以下の点に注意して見ておくとよさそうです。

チェックの項目項目の詳細
職場の雰囲気■職員どうしの雰囲気がいいか

■他の職種の人(看護師・事務職など)との意思疎通はスムーズか

■清潔かどうか、整理整頓がされているか

■店舗などの場合、お客との距離感やどんな風に接しているか

■職場の年齢構成はバランスがいいか
内部の管理教育システム■勤怠はタイムカードかそれ以外のシステムか

■時間外の内部研修を行っているか

■どんな教育制度が導入されているか

■教育制度の内容は評価できるか
夜勤や当直などの勤務について■夜勤・当直がある場合、休憩、仮眠時間がちゃんとあるか

■夜勤・当直の回数と拘束時間はどれくらいか

■採用しているシフトの内容

■仮眠室などの設備が完備されているか
通勤環境■通勤時間はどれくらいか

■通勤ルートは複数あるか

■通勤が不便ではないか

■車の使用などは認められているか
管理者などの人柄や管理能力■責任者(管理薬剤師や社長など)が周囲に当たり散らしていないか

■管理薬剤師でもないのに権限のない年配の薬剤師が勝手に仕切っていないか

■上位の人が下位の人をいじめていないか

■一部の薬剤師が仕事をしないでサボったりしていないか

■孤立している人物はいないか

「待遇と仕事環境」「仕事とプライベート」のバランス

 「待遇」と「仕事環境など」の「バランス」を頭に描いておくといいかもしれません。

一般的には「待遇」がよければよいほど、「仕事内容」や「仕事量」「勤務時間」「責任」などがハードになる傾向があるようですが、そういうパターンにはっきりと当てはまる「分かりやすい」ものばかりではありません。

ただし、条件がどちらかに偏ると、転職しても、その職を長続きさせることが難しくなってしまうので、情報収集をしながらあなたの「許容範囲」を作り上げていきます。

いくら「好待遇」でも、「仕事内容」「仕事量」「勤務時間」「責任」などが割に合わないものなら、すぐにイヤになってしまうでしょうし、逆の場合でも結果は同じになるでしょう。

また、「仕事」と「プライベート」の「ワーク・ライフ・バランス」も、「どういうカタチにしたいのか」や、「どちらにどの程度の重心を置くのか」などをイメージしておくのは必要かもしれません。

採用面接では、あまりこれらのキーワードには触れない方がいいと思われますが、転職先を決めていくときには重要な目安の1つになってきます。

「丁度よいバランスを実現」するというよりは、「その職場のバランスが許容範囲」かどうかが判断の基準になってきますので、これらにこだわり過ぎるのはあまりよくないかもしれませんが、「一応の理想的バランス」を想定しておくことは無駄ではないでしょう。

どちらも、「自己分析」と「条件整理」「優先順位付け」をしっかりとやってあれば、それほど難しい作業ではなさそうです。

退職と入職のタイミングをはかる

 「薬剤師」の求人が一年間で最も増えるのは、「4月」からの転職をにらんだ「1月~3月」と言われています。

この時期であれば、通常では「薬剤師」の求人が出ない企業や病院からの募集が出ることもあり、給与や待遇に納得のいく職場への転職できる可能性があります。

ほかにも、「10月」の入職を前にした「7月~9月」も求人が出ることが多い期間ですが、「1月~3月」に比べると募集は多いとは言えないかもしれません。

ボーナスの支給は「6月」または「12月」が多いため、退職のタイミングとしては「7月」もしくは「1月」が最も多くの「薬剤師」が離職をしますが、ボーナスがきちんともらえるように、職場に退職を告げるタイミングには気をつけるようにしましょう。

「ボーナスをもらってから退職を告げたほうがいい」こと、そして、「退職の『1ヶ月前』くらいに職場に退職する必要がある」こと、「『有給消化』を最大限したい」ことを考えると、ボーナス時期から「2~3ヶ月後」を退職時期に設定するとよさそうです。

転職活動を始めるのは退職時期の「3ヶ月前」くらいが一般的で、「3ヶ月」あればたとえブランクができてしまっても、最小限で済むのではないでしょうか。

これらのことを総合すると、「薬剤師」の転職時期として最もいいのは、「12月」あたりで転職活動を開始し、ボーナス支給後の「1月」に職場に退職の意向を告げて、「3月」に有給消化後退職し、「4月」に転職先に入職するというパターンでしょう。

次にいいのは、「6月」あたりで転職活動を始め、ボーナス支給後の「7月」に職場に退職を告げて、「9月」に有給消化したあと退職し、「10月」に入職するという流れになりそうです。

「エージェント」などを上手に活用する

 転職活動を少し早めにし始めるとしても、「けっこうやることが多い」と感じるかもしれません。

「薬剤師」は基本的に「転職活動のための時間があまりとれない人」が多く、在職中はなかなか転職活動まで手が回らないようです。

「手間がかかり過ぎて面倒だから」と、「分析や整理」に手を抜いたり、「待遇」をよく確認しなかったり、「職場見学」を行わなかったりしてしまうことも多いですが、そのような、時間が十分ないことからくる「焦り」や「手抜き」などで転職を失敗した例は非常に数が多いと聞いています。

最悪の場合、転職したばかりなのに、また転職活動をしなければならない羽目になるかもしれません。

そう考えると、「薬剤師」ほど「転職エージェント」や「転職サイト」のサポートを受けたほうが有利になる職業はないと言えそうです。

「転職エージェント」については、「価値が低いと判断されるとサポートが受けられない」とか「担当者との相性の良し悪し」という問題もあるにはありますが、在職中は転職活動の時間が取りにくい「薬剤師」にとっては、次のような多大なメリットがあるでしょう。

エージェントのメリット

■キャリアに関する客観的なアドバイスがもらえる

■希望に合った求人を紹介してもらえる

■詳しい内部情報をもらえる

■応募書類の添削や面接対策のサポートが受けられる

■非公開の求人を紹介してもらえる

■職場見学や面接などのセッティングやフォローを受けられる

■待遇などの条件交渉を代行してもらえる

■無料で転職サポートサービスが受けられる

こうした点を考えると、「転職エージェント」や「転職サイト」には早い段階で「無料登録」しておいたほうがいいですね。

一般的には、複数の「転職エージェント」や「転職サイト」に登録し、合わせて「2つ~5つ」ほどを使いこなす人が多いんだとか。

情報の管理が苦手な人は少なめの「2つ」を、多数の情報や紹介を整理して使いこなせる人は多めの「5つ」くらいを活用し、「手間を省く」と同時に、「時間を省く」「情報の質を高める」ことで、「薬剤師の転職」を成功に近づけることができそうです。

「転職活動の時間が十分取れない人」「少しめんどくさがりな人」「行きたいところがまだはっきり決まっていない人」は、これらの恩恵をはっきりと感じるられるかもしれません。

この記事のまとめ

薬剤師の仕事に沿って転職で実現したい点を整理

自分の譲れない条件とブレずにすり合わせる

「待遇」も大切だけど「職場の雰囲気」や「人間関係」に特に注意

5つのポイントを外さなければ、転職失敗の可能性はかなり減らせる

転職エージェントはうまく活用できれば多大なメリットがある

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら
女性のための転職サイト【とらばーゆ】公式サイトはこちら
薬剤師転職支援サイトの王道薬キャリ 公式サイトはこちら