むぎむぎ

看護師さんって転職先にはあまり困らないのかな?

もももも

どこも人手不足っていう話だから、大丈夫なんじゃないかな

とろとろ

じゃあ、看護師さんの転職のポイントをまとめてみましょうか

 「看護師」は慢性的に不足していると言われています。

看護師全体の人数は増えてはいますが、看護師を必要としている医療機関や介護機関も増え続けているので、結局「不足している」状態が解消しないんだとか。

「看護師」の転職件数も、それにともなって増え続けていますので、「じつは転職を考えているんだけど」という看護師さんも多くいるのではないでしょうか。

「看護師の転職」を成功させるためのポイントを押えて、「要領よく」「スムーズに」転職を成功させたいですよね。

この記事では「転職を考えている看護師の女性」のために、「看護師転職の際に押さえておくべきポイント」をお伝えしたいと思います。

この記事を読むことで、「看護師の転職」を成功させるために大切となる「相性のよい医療機関・施設」が探しやすくなり、「転職成功」へと近づけることができるでしょう。

この記事を読んでほしい人

転職を決心している看護師の人

職場に相性の悪さを感じる看護師の人

キツイ待遇に甘んじている看護師の人

職場の人間関係に問題のある看護師の人

転職について知りたい看護師の人

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

「こんなはずじゃなかった」を防ぐために

 「看護師」は人命に寄り添う素晴らしい職業であり、この職業にプライドを持っている人も多くいるようです。

しかも、女性の職業だけでなく、サービス業全体を考えても「給与は高め」となっています。

苦労して取得した「国家資格」ですし、病院や施設は基本的にはどこにでもあるため、「看護師」である限り、例え住環境が変化しても「新しい職場」を探しやすく、また出産後の「職場復帰」も比較的容易にできると言われています。

これらは、「看護師」という職業の「メリット」であるといえるでしょう。

しかし、仕事は不規則でハードであり、休日も「土日週休2日」なんてとんでもなく、どちらかというと「少なめ」なのがつらいところ。

病院や施設は「世界が狭い」ですから、その意味で「人間関係」がストレスになることもあるようです。

そんなことから、「看護師の転職」を希望する人は、はっきりそう思っている人だけでなく、潜在的な希望者も加えると、かなりの数にのぼるようです。

「看護師」自体は慢性的に人材不足と言われていますから、求人数はとても多く、仕事に困ることはあまりなさそうですが、「看護師」とひとくくりに言っても、勤める病院や施設、診療科、医師の個性などによって、求められるスキルや適性はかなり開きがあります。

ですので、他の職種以上に、それらとの「マッチング」や「相性」が大切になるかもしれません。

「マッチング」や「相性」が悪いと、ハードな仕事中もずっとストレスをかかえていなくてはならなくなるでしょう。

手間をかけて「転職」したあげく、「こんなはずじゃなかった」ということになるのは、なんとか防ぎたいですよね。

「自己分析」「条件分析」が甘いと「成功」が遠ざかる

 それにはまず、「自己分析」や「条件分析」をキチンとしたほうがよさそうで、そこが甘いと転職が「成功」しにくくなってしまいます。

転職理由などの「自己分析」は、「看護師」という職業に即して考えると、以下のようなカタチになるでしょうか。

「看護師」の自己分析

■現在の病院や施設をどうして転職したいのか

■現在までの職業体験や経験で学んだことは何か

■理想としてどんな看護をしたいのか

■理想としてどんな働き方をしたいのか

■看護師の仕事のなかで得意なことは何なのか

■看護師の仕事のなかで不得意なことは何なのか

■看護師の仕事のなかでやりたいことは何なのか

■看護師の仕事のなかでやりたくないことは何なのか

■自分の長所はどこか

■自分の短所はどこか

■看護師の仕事のなかで自分の長所や短所がどう関わるか

■現在どんな悩みがあるか

■看護師の仕事のなかで自分の悩みがどう関わるか

そして、「転職先に求める条件」を書き出していき、それに「優先順位」をつけていきます。

「優先順位」がはっきりしている場合はいいですが、そうでないときには、以下のように「ざっくりと」分類しておきます。

「譲れない条件」は「2つ以上」あっても構いませんが、たくさんあればあるほど転職先を探すのが難しくなりますので、多くても「3つ」くらいまでにするのがよさそうです。

POINT

「ぜったいに譲れない」条件(3つくらいまで)

「妥協できる」「無視できる」条件

「自己分析」と「条件分析」について、ほかにもあればいくらでも追加変更して構わないので、これらを書き留めて「文字」にして残しておき、必要に応じて「内容を練り直してリライト」していきます。

こうした「自己分析」や「条件分析」の詰め方が甘いと、それ以後の転職活動ににおける「マッチング」や「相性の判断」が甘くなり、「自分には合わない」ところへ転職してしまうリスクが非常に高くなるでしょう。

【女性転職】仕事を変えたいと思ったらどうすべきか

スキル・適正に合った職場を選べればよい

「自己分析」と「条件分析」について書き留めたメモは、「転職サイトなどの登録や面談」「転職先選び」や「履歴書作成」「職務経歴書作成」「面接」などに幅広くチカラを発揮すると思います。

「看護師」は、病院や施設によって、あるいは、配属された診療科や部門によって、求められる「スキルや適性」にかなり違いがあるのが特徴です。

「適性」について考えると、例えば「救急」や「急性期病棟」では、仕事が早く状況の変化に対応できる「臨機応変な動きができる」人が求められることが多いと聞きます。

「長期療養病棟」や「施設」などでは、時間をかけて丁寧に患者と信頼関係を築ける「じっくりと我慢強い対応ができる」人が求められる傾向があるようです。

そのため、「長期療養病棟」や「施設」向きの人が、「救急」や「急性期病棟」に転職したり、あるいは逆の場合でも、かなりのストレスを職場で感じることになりそうです。

「スキル」について不足の場合には、職場の「教育制度」に注目すると、ひょっとしたら「スキル」や「経験」の不足を補うことができるかもしれません。

「自己分析」と「条件分析」を適宜見直しながら繰り返し考えることで、自分の「スキル」や「適性」に合った職場を選べる可能性が高まり、転職先でストレスなく「いつも笑顔で働く」ことにつながっていくかもしれません。

少なくとも、まったく場違いな職場に「転職」してしまうことは避けられそうです。

看護師の転職を成功させる「5つのポイント」

 ここまで出来たら、「看護師の転職」を成功させるポイントは、次の「5つ」と言っていいでしょう。

「看護師の転職」5つのポイント

1:求人票をしっかり確認し、情報を目いっぱい読み取る

2:病院・施設の「情報収集」をできる範囲でする

3:病院・施設の「職場見学」を必ずする

4:在職中から転職活動をし、退職時には次が決まっているようにする

5:「転職サイト」「転職エージェント」を活用しつくす

これらのポイントをきちんと押えていくことで、「看護師の転職」の問題点のほとんどが解決できるのではないでしょうか。

どれもカンタンなことであり、「転職の成功」には欠かせないことでもあるので、押さえておくといいと思います。

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

求人票から最大限の情報を読み取る

 「求人票」を読み取ることは「転職活動」の基本となりますので、ぜひマスターしてください。

と言っても、難しいことをするわけではなく、以下の項目をポイントとして押さえて、その「看護師の求人」の全体像をつかめばいいだけです。

配属される診療科

看護配置基準

勤務形態

看護方式

教育制度

雇用形態

給与・手当

休日・休暇

福利厚生

「看護師の転職」では、とくに「看護配置基準」「勤務形態」「看護方式」の3つの項目は、働き方に決定的に関わってくるので、押さえておきましょう。

「看護配置基準」では、一人の看護師が「何人の患者」を受け持つのか確認することができるはずです。

「勤務形態」は「2交代制」なのか「3交代制」なのかという点と、「手術室」なのか「検査部門」なのかとか、施設の場合は「オンコール」があるのかないのかも確認します。

「看護方式」は、「受け持ち方式」「機能別看護方式」「プライマリーナーシング」「チームナーシング」などの方式がありますし、それらが併用される場合もあるみたいです。

「チームナーシング」の場合は「チーム」の分け方や、「固定チームナーシング」「PNS(パートナーシップ・ナーシング・システム」などによっても内容が違いますので、確認してみましょう。

「看護師」の給与は、夜勤手当や時間外手当などの「手当」によって、給与総額がかなり違ってくることが多いので、「基本給」「賞与」はもちろんのこと、「手当(所定外給与)」なども確認します。

こうして「求人票」に書いてあることを最大限読み取ることができれば、その「求人先」で働くとどんな感じになるのかを、意外と正確に把握することができます。

病院や施設の「関連情報」や「口コミ」を収集

 「看護師」の転職に限ったことではありませんが、情報や口コミなどを集めるのは大切なことです。

ちょっとでも気になった「病院や施設」の情報は、できる範囲で構わないので、集めておきましょう。

目にする「求人票」だけでなく、それ以外の媒体からの情報も「その媒体の特徴」を頭において情報収集をすれば、振り回されることなくメリットを享受できます。

おもな情報源は以下の「5つ」と考えられます。

看護師転職の情報収集

病院や施設の運営する「公式サイト」

病院や施設に対する「口コミサイト」

病院や施設に関する「比較・まとめサイト」

病院や施設が配布している「パンフレット」

病院や施設の「採用担当者の対応や印象」

このうち、上の「3つ」はインターネットからの情報です。

もっとも注意する必要があるのは「口コミサイト」で、情報の質が玉石混交なので全面的に鵜呑みにはしない方がよく、参考程度の情報だと考えておいた方がよさそうです。

「比較・まとめサイト」も、サイト運営者によってどうにでもなるという意味では同じですが、まったく信用できないわけでもなく、「口コミサイト」よりは信頼できるかもしれません。

病院や施設の職場見学に行く

 「これ!」と思った「病院や施設」は、必ず「職場見学」をするようにしたほうがいいでしょう。

「職場見学」は、「採用担当者」だけでなくそこで働く「看護師」や「その他の関係者」と話すことができる貴重な時間ですので、無駄にしないように準備しておくといいかもしれません。

「公式サイト」や「パンフレット」の情報は最低限頭に入れておき、実際の「病院や施設」と比べてみると有益な情報が得られそうです。

特に、「看護部の教育方針」「職場環境」「病院・施設の理念の看護に関する部分」の「3つ」は注目しておきましょう。

できれば、「職場見学以外」の日時にもその「病院や施設」に行ってみると、また違った情報が集められるかもしれません。

「職場の雰囲気」に関する情報や印象は非常に大切で、転職後に「雰囲気」のギャップを感じてストレスにならないように、可能な限り「雰囲気」を知ることに努めた方がいい結果が得られるようです。

「職場見学」で最低限押さえておいた方がいいポイントは、次の通りです。

チェックの項目項目の詳細
病院や施設の雰囲気■職員どうしの雰囲気がいいか

■医師と看護師の意思疎通はスムーズか

■清潔かどうか、整理整頓がされているか

■患者との距離感やどんな風に接しているか
内部の管理教育システム■勤怠はタイムカードかそれ以外のシステムか

■時間外の院内研修を行っているか

■どんな教育制度が導入されているか

■教育制度の評価はどうか
夜勤など勤務について■休憩、仮眠時間がちゃんとあるか

■夜勤の回数と拘束時間はどれくらいか

■採用しているシフトの内容

■仮眠室などが完備されているか
通勤環境■通勤時間はどれくらいか

■通勤ルートは複数あるか

■通勤が不便ではないか

■車の使用などは認められているか

在職中から活動を始めておく

 「看護師」の「転職活動」を「在職中から」始めるか、「退職後」に始めるかは、「意見や好み」の分かれるところです。

どちらも、それぞれ「メリット」「デメリット」がありますが、どちらかと言うと「在職中から」始めた方が有利に「転職」がすすめられるように思います。

「お金」が十分以上にあるのなら、「退職後」にじっくりと落ち着いて転職活動をするのは悪いことではありません。

「時間」がたっぷりと使えるので、そちらが優先度が高い人はそうしたほうがいいかもしれませんが、しかし、そういう「ある種の余裕」が持てる人は少ない気がします。

多くの女性にとって「金銭面でのストレス」は意外に影響が大きく、これが焦りを生んで早く転職してしまいたいと感じ、その結果「十分な検討や準備」を行わずに妥協や不注意によって「マッチング」しない病院や施設に入ってしまうことも多いとか。

また、「退職後」に「転職活動」を行うということは、少なからず職歴の「ブランク」が生じます。

「看護師」の仕事は「現場の感覚」がとても大切で、それが「ブランク」により途切れることは、あなたにとっては「不利な条件」になるかもしれません。

「在職中」から「転職活動」を始めていれば、「ブランク」の問題はまったく生じないか、「ブランク」ができても最小限で済ませることができるでしょう。

「病院」を例にとれば、「看護師」が採用される人数が増える時期は、年度が始まる「4月」、夏のボーナス後の「6~7月」、期の変わり目になる「10月」、冬のボーナス後の「12~1月」だと言われています。

転職活動を開始するのは、入職月のおおよそ「3ヶ月前」が理想とされており、大手の病院では、「1~2月」に採用を活発化させる例が多いことから、10月から働くなら「6~7月」、4月から働こうと思えば「12月~1月」が転職活動を開始するには一番いいタイミングのようです。

「看護師」の「求人数」を一年を通して見てみると、「求人数」がもっとも増えるのは「6月」「11~1月」であり、逆にもっとも少ないのは「8月」「3~4月」だそうです。

ボーナスが支給される「6~7月」と「12~1月」は「看護師」が大量に離職する時期でもあり、みんな「ボ-ナスをもらった直後に」やめているようですが、ボーナス査定を不利にされないように、退職時期をボーナス支給直後にするのはちょっと注意したほうがいいかもしれません。

そう考えると、転職活動開始は、夏であれば「6~7月」、冬であれば「12~1月」ぐらいがよく、約「3ヶ月後」の「9月」または「3月」に退職し、次の月の「10月」もしくは「4月」から転職先で働き始めるというタイムテーブルがもっともおススメのタイミングということになりそうです。

早めにネットの「専門サイト」などに登録

 「看護師」の「転職」では、「直接応募」や「ハローワーク」などの求人を利用することもできますが、「転職サイト」や「転職エージェント」などを活用するほうがよりいいかもしれません。

「大学病院」「国公立系の病院や施設」や「行きたい病院が決まっている場合」などは、「直接応募」や「ハローワーク」などがよいと言われますが、それでも「転職サイト」や「転職エージェント」への登録はしておくと便利です。

「転職エージェント」では、「転職のプロ」のサポートを受けることができますので、「エージェント」や「コーディネーター」との「相性」に問題がなければ、利用した方が有益になりそうです。

あなたにとって「いいエージェント」かどうかを見分けるポイントは、「あなたの意見を尊重」してくれ、「提案が押しつけがましくない」かどうか。

「エージェント」や「コーディネーター」にアドバイスされることに抵抗がなければ、ぜひ登録して活用しましょう。

「転職サイト」や「転職エージェント」の大きな「メリット」の1つは、転職に関する良質で圧倒的な「情報量」「コンテンツ量」にあると言えます。

もちろん、インターネットの転職系サイトなどにも「情報」や「コンテンツ」は豊富にありますが、「古いもの」だったり、玉石混交のため「まちがった情報」も混じっていたりするので、それらを見分ける目を持たなくてはなりません。

比較的名の通った大手の「転職サイト」や「転職エージェント」であれば、「最新」の「正確」な情報が手に入りやすいでしょう。

最終的に「転職サイト」や「転職エージェント」を利用しなくても、「無料登録」さえしておけば、それらの「情報」や「コンテンツ」に接することができるので、「大きなメリット」を得られると言えそうです。

「転職サイト」や「転職エージェント」は、複数に掛け持ちして登録する人が圧倒的に多いようで、人によって「2つ~5つ」ぐらいと幅がありますが、多く登録し過ぎても管理がしきれなくなります。

「転職サイト」や「転職エージェント」を合わせて「3つ」くらい登録するのが、情報を整理しやすく、「メリット」を最大限活用するのにちょうどいいくらいの数かもしれません。

「相性」が悪ければ、ほかの「転職サイト」や「転職エージェント」に登録しなおせばいいだけなので、使いこなす数を「3つ」ということにしておけばバランスよく管理ができるようです。

使いこなせるのなら、「登録するのは無料」ですし、「5つ」くらい利用すればよりいいでしょう。

「看護師の転職」を有利に、スムーズにすすめるためには、「転職サイト」や「転職エージェント」に早めに登録して、うまく使いこなすのが「ゴールへの近道」になりそうです。

この記事のまとめ

看護師転職に即した「自己分析」「条件分析」を丁寧にやっておく

「スキル」や「適性」のマッチングは転職成功の必要条件

5つのポイントを押えて「退職から転職完了まで」をスムーズに

情報収集は非常に大切になるため、時間と手間を最大限にかける

職場見学は省略せずに必ず行い、必要なところはすべて自分の目で見ること

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら
女性のための転職サイト【とらばーゆ】公式サイトはこちら
看護師専門エージェント
【ナースではたらこ】 公式サイトはこちら