きなこきなこ

女性の転職活動って何を気をつければいいのかな

ココココ

人によって違いが大きそうだけど何か共通点がありそうだよね

とろとろ

じゃあ、まずは少し大きなポイントから押さえてみましょうか

 「転職したい!」と感じたことはありませんか?

誰もが「もう転職しよう!」と一度は考えたことがあるのではないかと思いますが、いざその気になっても、何から手をつければいいか、どんなことから考えていけばいいかを、すぐに頭に思い浮かべることができる人は、なかなかいないかもしれません。

これから転職のためにすべきことが山ほどあるように思えて、めんどくさくなったり、イヤになったりすることもあるでしょう。

なんとか、効率的に転職をすすめることはできないでしょうか?

そのためには、まずは少し大雑把でも構わないので、女性が転職活動するのに考えておいた方がいいことを、きちんと整理しておくことが重要なようです。

この記事では「転職を考えている女性」のために、「転職活動に入る前に押さえておくべきポイント」をお伝えしたいと思います。

この記事を読むことで、このあとさらに個別に女性の転職を考えていくための「頭の整理」がしやすくなり、転職活動がよりスムーズにすすすめられるでしょう。

この記事を読んでほしい人

転職するかどうか迷っている女性

転職で実現したいことがある女性

転職先のイメージがはっきり思い浮かべられる女性

職場の人間関係に違和感を持っている女性

転職はしたいが、何をすればいいかわからない女性

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

したいとは思うけど迷ってしまう

 一度の就職でピッタリの職場を見つけられる人は、なかなかいないようです。

働く女性に転職に関するアンケートをしたところ、そのうちの4人に3人は「転職を考えたことがある」と回答したとか。

その中から実際に「転職しよう」と踏み出す人もでてきますが、転職を考えたけれども、実際には「転職しなかった」人も大勢含まれています。

その理由はさまざまでしょうが、現在の日々の仕事やプライベートと転職を両立させることをあきらめるせいか、女性として考えるべきことが多すぎるのか、一歩踏み出せないまま、迷ってしまっている人もたくさんいるのでしょう。

転職には悩みや不安は付きものだと言えますが、具体的なイメージを描けていないのにただ迷っている人も多く、「どんな企業を選べばいいのか分からない」と悩んでいる人もいれば、「自分は転職したほうがいいのか、今の職場にいた方がいいのか、判断できない」という人もいます。

自分がそんな状態なら、転職活動に踏み出すのはほんの少しだけ待って、その前に考えておいた方がいいことがあるかもしれません。

【当たる占い】転職の迷いをスッキリできるポイント

あやふやなまま強行してもいいことないかも

 転職はしたいけど、転職の目的が定まっておらず、具体的なイメージが描けていないという人は、最もよくいるタイプだと言われています。

このタイプの人は、現在の職場に明確な不満や不安があるわけではない場合も多く、ネットやニュースなどの「一般情報」や自分の「周囲の意見や体験」に影響されて転職活動を始めてしまうようです。

自身が考える「転職先」のイメージがあいまいなままで、なんとなく「今よりいい状態」を求めているだけで、そもそも「どうしてそこに転職したいのか」という理由がなく、「そこでどんな仕事をしたいのか」というビジョンも持っていない状態とも言えます。

転職で「実現したいこと」が明確になく、企業探しの「軸」が定まっていないままでは、志望する企業に転職できる可能性はほとんどないと言ってもいいかもしれません。

そんな状態で転職活動を続けてしまうと、どこからも内定を取れず、その結果、必要以上に本人が落ち込んでしまうこともよくあるそうです。

仮に、あるていで納得ができる転職先に入れたとしても、また同じような悩みや不満を持つことになりますし、漠然と持っていたイメージとギャップができ「こんなはずではなかったのに」と後悔することにもなるでしょう。

「男前」な女性は早めに活動を開始すべき

 その一方で、女性の中にははじめから「自分のこと」も「勤めたい会社」のことも「転職で実現したい内容」も、クリアにイメージできているという「男前」な人もいます。

そういう人は、すぐに「転職サイト」や「転職エージェント」もしくは「派遣会社」のいくつかを選んで「登録」した方がいいでしょう。

迷わずに「早めに一歩前に踏み出す」ことで、少しでも時間のロスをなくした方がいいかもしれません。

男性もそうですが、女性は男性よりも年齢による「局面の違い」が大きい傾向にあるようです。

「20代」「30代」「40代」と、男性よりも比較的はっきりと年代による「転職活動」の「展開」に違いがみられるので、「時間を大切にする」ことが、非常に大切と言えそうです。

もしそうでないなら、「転職サイト」などへの登録の前に、ほんのちょとだけやっておいた方がいいことがあります。

【女性転職】薬剤師が職場を変えたくなったときには

実現したいことはいったい何なのか?

 具体的イメージがいない持てていない人は、まず「この転職で何を実現したいのか」「次の職で何を獲得したいのか」を考えてみましょう。

実は、このことは転職活動のステージが上がるたびに問われたりすることも多く、企業の面接などでも必ずと言っていいいほど質問される内容です。

アンケートなどでもひんぱんに聞かれる項目で、アンケートによって順番は多少前後しますが、回答の「Top10」はだいたい以下のような感じになるそうです。

1位:給与や待遇のアップ

2位:やりたい仕事ができる環境

3位:安定的・長期的な就業

4位:自分が成長できる環境

5位:経験・能力が活かせるポジションにつく

6位:勤務時間・休日など勤務条件の改善

7位:より良い人間関係

8位:通勤時間の短縮

9位:専門知識・技術力の習得

10位:語学力・資格が活かせる仕事

これ以外にも、特定の年代にのみに多い以下のような回答もあります。

将来「独立」するための勉強として

「成長企業」や「成長業界」で働くため

出身地や地方都市への「Uターン」「Iターン」

「大手有名企業」で働くため

転職で自分が実現したいことが「2つ以上」あるなら、それに「優先順位」をつけるようにしてみるといいようです。

転職活動がすすむにつれて内容や順番が変化していってもまったく問題ないので、まず最初に一度あなた自身で「ざっくりと」考えてみて下さい。

「転職することで得たいもの」がクリアにイメージできれば、そしてその「優先順位」をはっきり意識できれば、転職活動開始後の進み具合を、さらにスムーズにできると思います。

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら

「属性」や「境遇」「条件」などを整理

 次に、「属性」つまり「スペック」や「キャリア」を棚卸し、「履歴書」「職務経歴書」などを作成します。

これは、書類を作るのはちょっと面倒ですが、「スペック」や「キャリア」は輪郭がはっきりしているので、そんなに迷うこともないかもしれません。

そして、自分の「境遇」つまり「転職で考慮しなければならないプライベートな環境」を書き留めておきます。

「考慮しなければならないプライベートな環境」というのは、「保育園児が2人いる」とか「結婚する予定がある」とか、仕事を選ぶ際に何かしらの制限が加わりそうな事柄のことです。

どちらかというと女性は男性よりも、仕事を選ぶに際して、この「プライベートな環境」が重要になることが多い気がしますので、「ない」なら「ない」で結構ですが、キチンと押さえておきましょう。

これも比較的はっきりと分かると思いますので、気になることは全て書き出しておき、忘れないようにしておくといいかもしれません。

「条件」とは「自分の中で譲れない条件は何か」ということで、これは先ほど考えた「実現したいこと」の中で「どうしても譲れないのはどれか」を考えればいいでしょう。

「1つしかない」場合や「優先順位がはっきりしている」場合は、あまり悩まずに済むかもしれませんが、そうでない場合は結構悩ましいところかもしれません。

しかし、できれば最大で「3つ」くらいまでに絞った方がよく、「条件」が多くなればなるほど「転職」が難しくなってしまいます。

ただし、応募企業を選ぶ過程で変更しても構わないため、この段階では「ざっくり」決めても問題ありません。

どんな「企業」のどんな「仕事」に就きたいか

 最後に、「どういう企業」の「どういう仕事」に転職したいのか、できるだけ「具体的」で「ハッキリ」とイメージを持つことです。

これは、「転職サイト」で仕事を探す過程や、「転職エージェント」「派遣会社」などの「エージェント」や「コーディネーター」などとの面談で具体化していってもいいものかもしれません。

ですが、「早い段階」で「できるだけ具体的で明確なイメージ」を持っていた方が、仕事の検索がしやすいのは確かです。

ただし、自分で決めた「希望の企業」や「希望の職種」などは、「エージェント」や「コーディネーター」などの第三者的に見れば「実情にそぐわない」ことも多いようで、あとで変更を迫られるかもしれないことは頭に置いておくべきでしょう。

企業側も、ふつうは「雇いたい人の人物像」はハッキリと持っているので、それと「調整」していくことになります。

コツとしては、「自分がイキイキと働いている姿を頭の中で映像化してみる」とイメージがより具体的にできるかもしれません。

これらのことを事前に考えておけば、転職を少しでもスムーズにすすめるための助けになり、転職後のイキイキした姿に「早く」なることができるかもしれません。

【女性転職】看護師が職場を変えたくなったときには

あるていど整理できたら「転職サイト」などに登録

 「転職」という文字が頭をよぎったとき、女性の多くの方が「最初の一歩」を踏み出せずに気持ちを押し殺してしまうようです。

その後、転職しなかった場合、その職場で幸福になれればいいのですが、結局「後悔」をしている方もたくさんいると聞きます。

「年齢」や「履歴」「経験値」に自分で線を引いてしまうようなことをせず、積極的に「転職」にチャレンジしてみた方がいいのではないでしょうか。

仮に、転職しなかったような場合でも、検討すべきことは検討し、試すべきことは試したという、スッキリとした気持ちで働くことができそうです。

スッキリしない思いをしないためにも、できる範囲で、早めに「転職活動」を開始した方がいいかもしれません。

転職のためには、自分を客観的に見てくれる「頼りにできる相談相手」が必要ですが、人によって転職への考え方が違うので、「相談相手」は2人以上いた方がいいでしょう。

誰でもいいわけではなく、以下の3つの条件を満たす人でないと、相談しても納得できる答えが返ってくることはないと思います。

●転職について「総合的」または「希望する分野」に詳しい人

●女性の「心情」や「立場」をわかってくれる人

●「転職活動の内容」や「プライベートなこと」の秘密を守ってくれる人

ですが、なかなかこういう条件を備えた人は、身近に何人もいないのではないでしょうか。

そこで、「転職エージェント」「派遣会社」の「エージェント」や「コーディネーター」を「相談相手」とするのは名案かもしれません。

「転職エージェント」も「派遣会社」も、登録すると担当者がつき、その人に相談しながら転職するかどうかやどこを受けるかを一緒に決めていきます。

また、「転職サイト」のなかにも、客観的に自分を見るための「診断コンテンツ」の工夫や、「スカウト機能」などの「転職エージェント」とのマッチングを行ってくれるものもあるようです。

これらは「どれか1つだけ」に登録するのではなく、「2つ~5つ」くらい登録して、使いこなすのが一般的と言われています。

ここまでの準備が終わったら、さっそく「転職サイト」「転職エージェント」「派遣会社」などに登録して、転職活動を始めてみましょう。

この記事のまとめ

転職活動の前に「自分のこと」「勤めたい会社のこと」「転職で実現したいこと」などをハッキリさせておく

すべてのイメージが既にクリアになっている女性は、早めに「転職サイト」などへ登録をして活動を始めよう

あるていど整理できたら「転職サイト」「転職エージェント」「派遣会社」などにいくつか登録し情報取集

信頼できる相談相手がいないときは「エージェント」や「コーディネーター」を相談相手にするのがいいかも

「転職サイト」でも「診断コンテンツ」や「スカウト機能」などがあるものがある

【転職サイト】MIIDAS(ミイダス)公式サイトはこちら
女性のための転職サイト【とらばーゆ】公式サイトはこちら