きなこきなこ

独身の女子は考えなきゃいけないことがいろいろあって大変なんだよね

ココココ

楽しいこともしたいけど、将来に備えておくこともしないとね・・・

とろとろ

大丈夫!「ロボアドバイザー」なら味方になってくれそうだよ

 女性の生き方も昔に比べてずいぶん多様化しましたが、「婚活」が普通になった一方で、「一生結婚なんかしない」「結婚なんかしたくない」などと「生涯独身」を希望する声も多くなってきています。

またそれとは逆に、「結婚したいけどできない」など、独身の境遇を望まない女性もとっても多いと言われています。

こうした今、男性ほどではないですが、女性の「生涯未婚率」もすさまじい勢いで上昇していることが、統計の数字にもはっきりと表れてきているようです。

そんな中、経済的な安定を得るための「投資」の重要性がどんどん高まっており、同時にその敷居も低くなってきています。

この記事では、「投資」や「資産運用」に興味がある「独身女性」の方のために、「独身の女性」の方々が「ロボアドバイザー」による「全自動投資」を行う「メリット」を考えてみたいと思います。

この記事を読めば、「独身女性」が「ロボアドバイザー」を活用する際のポイントがよく分かり、「ロボアドバイザー」の「おまかせ投資」が「安全」で「メリットいっぱい」なのに改めて気がつくかもしれません。

この記事を読んでほしい人

投資や資産運用がしたい独身の女性

将来の変化に備えたい独身の女性

仕事と投資や資産運用との両立がしたい人

高額を投資しなくても大丈夫な運用がいい人

できるだけ分散投資をしてリスクを低くしたいと思っている人

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら

「おひとりさま」が当たり前の時代

内閣府発行の平成30年「少子化社会対策白書」によると、18~34歳の未婚者のうち「いずれ結婚するつもり」と回答したのは男性で85.7%、女性で「89.3%」にのぼりました。

およそ、女性の「約10%」が結婚願望がそもそもない方々です。

そして、2015年時点の「50歳時点の未婚率(生涯未婚率)」は、男性で23.4%、女性で「14.1%」となっています。

実に、女性のおおよそ「7~8人に1人」は「一生おひとりさま」という時代だと言えそうです。

また、女性の年代別の未婚率は25~29歳で「61.3%」、30~34歳で「34.6%」、35~39歳で「23.9%」にのぼるようです。

この中から、もともと結婚願望がない「約10%」を差し引けば、35~39歳で「13.9%」となり、アラフォーの女性のだいたい「7~8人に1人」は、結婚する気があるのに「おひとりさま」ということになります。

国立社会保障・人口問題研究所の推計によれば、女性の生涯未婚率は緩やかに上昇を続けて、2040年頃には「18.7%」までになる可能性が高いとか。

そのころ男性の未婚率は29.5%だそうですから、高い確率で「生涯独身」の人が身近に「当たり前にいる時代」になったと言えそうです。

将来に備えないと大変になるかも

 とは言え、「婚活」も年々盛んになり、かなり「合理化」「システム化」されていますので、結婚しようと思えばできる時代でもあり、「結婚した未来」と「結婚しなかった未来」に両方備えておかなくてはなりません。

「結婚した場合」は、ふつうは「ダンナの収入」があり、もし自分が働けば「自分の収入」をそれにプラス出来るとはいえ、例えば「マイホームの購入」など、夫婦合わせた収入以上に「夫婦共同生活による出費」は意外とかさむものです。

子供ができればさらに「女性が働けなくなるので収入が減る」「子供の成長に金がかかる」「ダンナの収入がリストラなどで減るか無くなる」などの手痛いダメージが蓄積されていきます。

「結婚しなかった場合」は、「自分ひとりの収入」でその後の人生のイベントを全てこなしていかなくてはなりません。

子供がいないのであれば、それに伴う出費はないかもしれませんが、男性でも女性でも、年齢がすすむほど「職が得にくく」なり、たとえ就職できても手に入る「お金」が「少ない金額」になっていきます。

そして、「ミドル以降の独身女性」にとって致命傷になりやすいのが、「親の介護の問題」が発生した時かもしれません。

日本は比較的整備された「社会保険」や「介護保険」があるため、ある程度は大丈夫でしょうが、それでも介護が必要になった親の状態によっては「非常にイタい出費」を強いられるケースもあり、十分以上の備えがないと少し心配です。

経済的な問題をなくすことで選択肢が広がる

 こうしたことに対する備えができていれば、年齢を重ねるにしたがって減る一方の「自分が選べる選択肢」の問題も、必要以上に狭くなることもないでしょう。

「選択肢が多い」状態のことを「自由」と表現するなら、「経済的な問題」を全くなくすことはできないまでも、「少しでも軽く」することができれば「自由」になることができそうです。

「結婚した」場合は、「マイホーム購入」の頭金にできるかもしれませんし、夫婦の生活にちょっとした「豊かさ」や「いろどり」を加えることも夢ではなくなるかもしれません。

もし子供が生まれた時にも、「自分が働けなくなって減った収入」をフォローできるかもしれないし、「子供に何か買ってあげたり、よい教育を受けさせられたり」できるかもしれないし、「ダンナの収入減にも笑っていられる」かもしれません。

「結婚しなかった」場合も、「少しだけリッチで心豊かな日常生活」が送れるかもしれませんし、親の介護に直面した時も動じないで「介護の負担を最小限」にできるかもしれません。

少しでも経済的問題を解決することで、人生を長いスパンで見たときには特に、このような比較的わかりやすい「メリット」を手に入れることができそうです。

こうした、経済的備えの「メリット」を「最大限」受けようと思えば、独身の早い時期から「長期間」じっくりと「投資」「資産運用」を行うことが大切になってくるかもしれません。

「長期」の「投資」は、「資産運用」を成功させる大事な条件の1つでもあります。

【人生設計】ロボアドバイザーで老後不安にそなえる

仕事と投資が簡単に両立できるのは助かる

 投資一任型の「ロボアドバイザー」は、こうした「じっくりと長期間おこなう投資」に非常に向いているようです。

5~10分程度で簡単に終わる登録をして、「ロボアドバイザー」の口座に入金しておけば、あとは「AI(人工知能)」や「プログラム」が「全自動」で投資を実行してくれます。

「独身の女性」は、経済的な備えを、自分ひとりの収入で行わなければいけませんが、「投資」の代表選手である「株」や「FX」などのように「多額のお金」を用意しなければスタートできないようなものとは違い、わずか「1万~10万円」くらいという非常に低い金額のお金が用意できればスタートできます。

スタート時の敷居の低さは、大きな「メリット」だと言ってよいと思います。

そして、「株」や「FX」に比べて、圧倒的に「安全」である点も、見逃せない「メリット」だと言えるでしょう。

「投資」をスタートさせるのに、「清水の舞台から飛び降りる」必要はもうないのです。

さっそく申し込みをしてみましょう。

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら

「ほったらかし」でメリットはしっかり頂く

 「投資一任型」の「ロボアドバイザー」はおススメですが、中でも「THEO(テオ)」と「Welthnavi(ウェルスナビ)」は頭ひとつ分抜きんでた存在かもしれません。

2つとも、非常に優秀な「投資一任型」の「ロボアドバイザー」であり、顧客の満足度はとても高いようです。

ネットの口コミなどでも、かなりの高評価を与えられているようであり、「安全性」も非常に高いと言えるでしょう。

何よりもいいところは、「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も「全自動」の「おまかせ投資」であり、完全に「手が離せる」ということかもしれません。

この絶大な「メリット」は「独身女性」にはありがたいものであり、「何かと忙しい時」にはもちろん、「自分の時間を大切にしたい時」も「威力を発揮」します。

「ほったらかし」の「投資」で、たくさんの「メリット」を頂いた上に、「投資」で増えた分の「お金」はしっかりと「将来の備え」になることでしょう。

「ロボアドバイザー」は「貯金」ではありませんが、長期にわたって「貯蓄感覚」で利用できる「メリットいっぱい」のサービスだと言えるかもしれません。

【人生設計】一人暮らしを満喫するためロボアド活用

積み立ては月々わずか1万円から

 「投資」は、少ない金額よりも、より大きな金額を「元金」にした方が、当然得られる利息は大きな金額になります。

最初にスタートした金額は少なくてもいいのですが、一度に大きく増やさなくても構わないので、少しずつでも利息の元となる「元金」を大きくしていかなくてはいけません。

そのために「積立」をして、「元金」をどんどん積み増していきます。

「積立」は「お金ができた都度」していってもいいし、「月々決まった金額」を入れていってもいいですが、「投資」に有利で、「ソン」をしにくいのは、「月々決まった金額」を「継続的に」積み立てていく方だと言われています。

この「投資の仕方」は、「ドルコスト平均法」と呼ばれる手法で、入出金の取引に手数料がかからない商品の場合には、長期投資に一番いい方法であるとされています。

相場が上がっても下がっても「売り時」「買い時」にこだわらず、1ヵ月ごとなど、淡々と「定期的」に「中長期」にわたって金融商品を「一定金額ずつ」購入し続けるというのが「ドルコスト平均法」の特徴と言えます。

「短期的な売買利益」を狙うには適さない方法ですが、「長い目で見て利益が出る」確率が高い投資法として、「ロボアドバイザー」の登場するずっと以前から愛用する投資家も数多くいます。

「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も、どちらも「1万円」からの「積立」に対応しています。

これなら、月々の負担も最小限にできますね。

もし、「今月はピンチ!」という月があれば、「積立」のストップは管理画面からカンタンにできます。

この「ドルコスト平均法」と、「ロボアドバイザー」の「キャンペーン」を活用した「一時入金」を織り交ぜて積み立てていくのが、一番おススメの投資方法です。

「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も、定期的に「キャンペーン」を行っており、「キャンペーン」期間中に適用条件を満たせば、入金金額に応じた「ボーナス」が「ロボアドバイザー」の口座に入金されます。

普段は「ドルコスト平均法」で淡々と一定金額を増やし続けながら、「ボーナスキャンペーン」が始まったら、「ボーナス」を狙って「一時入金」し、「元金」の増えるスピードを「加速」させましょう。

【人生設計】ロボアドバイザーは初心者の女性に人気

分散投資を極めてリスクとは無縁に

「投資」「資産運用」は、「長期」「分散」「積立」が成功のための秘訣だそうです。

「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も、「海外ETF」に幅広く「分散投資」を行ってくれます。

「ETF」とは、「上場投資信託」と呼ばれるもので、株や債券等の銘柄をたくさん組み合わせ、「NYダウ」や「TOPIX」などの特定の相場指数に連動するように、上場して運用されているものです。

そのため、「ETF」を1つ保有するだけでも分散投資になるのですが、「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も、「海外ETF」をさらに組み合わせて複数保有し、「分散投資」を徹底して「リスクを回避」しています。

しかも、それらの取引はすべて「全自動」で行われ、自分の手をわずらわせることは全くありません。

「ロボアドバイザー」による「長期ほったらかし」の「全自動投資」をすることで、「長期」「分散」「積立」のすべてが揃うことになり、まさに自動的に「投資の成功」に近づいていくことができます。

「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も、それぞれ「国際分散投資」を行うので、どちらか一方だけを使っても別にいいのですが、両方とも登録して活用していくことで、さらなる「分散投資」が可能になります。

一般的に、「投資」を「分散」すればするほど、「リスク」から身を守れると言われるので、やはり「THEO(テオ)」と「Welthnavi(ウェルスナビ)」は、2つとも登録しておいた方がよさそうです。

「ロボアドバイザー」を複数使用した徹底的な「分散投資」で、可能な限りの「安全」「安心」を得るのは、よい方法なのではないでしょうか。

「独身女性」にとっては、「ほったらかし」の「ロボアドバイザー投資」は、将来に備えるという点から見ると「メリット」しかないと言えるかもしれません。

この記事のまとめ

「おひとりさま」こそ将来に備える必要がある

一人分の収入で全てをまかなうため経済的な問題は最小限にすることが大切

「ロボアドバイザー」なら仕事と資産運用の両立がカンタンにできる

1万円から始められるものもあるので女性の財布にやさしい

勝手に分散投資をしてくれるので「リスク」は最小限にできる

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら
ウェルスナビで資産運用WealthNavi 公式サイトはこちら