ルナルナ

ひょっとして老後資金が足りないかも・・・

もももも

私も老後が不安・・・何かいい対策はないかなぁ

とろとろ

「ロボアドバイザー」を活用すればいいかもよ!

 自分の老後について、何も不安に思わない方はいないかもしれません。

老後の不安については、「老後資金」「老後の健康」「老後の人間関係」などを心配する方がとても多いようです。

中でも「老後資金」の問題に不安を抱える人がずば抜けて多いようで、「お金」は日々の暮らしを支える基盤であるだけに悩みは深刻だと言えそうです。

「老後資金」の不安に少しでも助けになる方法は、何かないでしょうか?

この記事では、「老後資金」に不安を抱えている方のために、「ロボアドバイザー」による「老後の資金対策」についてをお話ししたいと思います。

この記事を読むことで、「老後資金の準備」には「ロボアドバイザー」を活用することが有益な方法の1つであることが納得でき、リタイア後の資金の不足が予想されるときには、「ロボアドバイザー」によって少しでも「老後資金」の足りなさを補うことができるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

老後資金に不安がある人

資産運用に興味がある人

「長期投資」の時間が取れる人

資産運用や投資には疎い人

投資の心理戦や駆け引きに自信がない人

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら

みんな感じている資金不足の不安

 2019年6月3日に金融庁が発表した「95才まで生きるには、金融資産2000万円の取り崩しが必要となる」という報告書が、大きな波紋を呼びました。

 平たく言うなら、老後の生活は年金だけで足りないから、「貯金」するとか、「投資」するとか、不動産などで「資産運用」するとかで、「自分で何とかしなくてはならない」という主旨の内容です。

もはや、「年金」だけでは「老後」は普通に生き延びることができないということを、認めざるを得なったのでしょう。

「人生100年時代」と言われているだけに、シニア以後の老後の期間がとても長くなっていますから、これは困りますね。

「ゆりかごから墓場まで」と言われた福祉の時代はとうに終わり、「自分で何とかしろ」という時代になったということでしょうか。

お金が用意できなければ大変

 「老後資金」が不足したまま何もしなければ、結構大変なことになるかもしれません。

むかしは花形だった「銀行の預金利息」は「うぶ毛が生えた」程度で、預けてもいっこうに資産は増えないし、

時代が進むにつれて貨幣価値が下がる傾向にあることから、たとえ使わなくても銀行の普通預金に預けたままにしておけば資金がかってに「目減り」していきます。

明治初年頃の「1円」は、平成時代後期で言うとおおよそ「2万円~2万5000円」くらいの価値でしたが、昭和初年頃の「1円」はコーヒー10杯分くらいの価値になり、

令和初年になると、「1円」はただの端数でしかなく、ほとんど何も買えないくらいの金額になってしまいました。

金融庁の「2000万円不足」という報告も、若い人たちが老後を迎える頃には、もっと数字がふくらんでいるかもしれません。

少ない「老後資金」で「長生き」することは、苦しい修行のような「老後」を過ごすことを意味していそうです。

【人生設計】老後生活の安全確保と正しい分散再配分

お金の問題がなければ老後を笑顔で暮らせそう

 一方、「老後資金」が十分に準備できれば、末永く「笑顔で過ごす」ことができそうです。

その差は、「天国と地獄」という表現がピッタリかもしれません。

「老後のお金の不安」が消えることで、「老後の人間関係の不安」や「老後の健康上の不安」にもよい影響がありますし、問題があってもある程度は対処できるでしょう。

自分のことだけでなく、配偶者や子や孫などの「自分の大切な人」を助けることができるかもしれません。

お友達と旅行に行ったり、何かのコミュニティに参加したりと、楽しい「人間関係」を築くにもある程度のお金が必要です。

現代は医療が高度に発達し、元気なお年寄りが増えましたが、老後を「健康に過ごす」のにもある程度の費用が掛かります。

ふつうは30代や40代くらいから体力の衰えを感じる人も多く、50代以降ともなると、日頃から健康に気をつけていないとすぐに手痛いしっぺ返しをくらうことになるでしょう。

「ヨガ」をしたり、何かの「運動」や「スポーツ」をしたり、「サプリメント」を飲んだりと、対処法はたくさん「選択肢」がありますが、いずれもある程度お金が必要になってきます。

そうしたさまざまな問題を乗り越えて、老後になっても「自分の選択肢」をできるだけ多く持つためには、何らかの「老後資金対策」が必要となってきそうです。

【人生設計】ロボアドバイザーは初心者の女性に人気

資金不足対策にロボアドバイザー

 「投資は心理戦」とよく言われますが、実際に「株」や「FX」などを焦って取引すると「ソン」をすることが多く、それがわかっていても、多くの投資家は痛い目を見るようです。

投資初心者だけでなく、投資経験が長い人でも「損失」とは常に背中合わせであり、そうした経験は日常茶飯事だと言えるかもしれません。

老後に不安を抱えている多くの人は「投資初心者」であり、「心理戦」はおろか、「金融商品ごとの長所短所や選び方」「取引の仕方」や「相場の読み方」など初歩的なことも分からないことが多そうです。

それで「老後資金」を「安全に運用する」ことができるでしょうか。

「一から勉強」しようにも、金融商品の「種類」は多く、運用に関する「情報」は膨大であり、投資の「方法論」も数多く出回っており、どれが正しいか自分でいちいち判断しなくてはなりません。

以前は、自分で「一から勉強」し、自分で「試行錯誤」をして、時には「高い授業料」を支払い「大損」を経験しながら自分でノウハウを蓄えるのが普通でした。

しかし、そんな悠長なことをしている余裕を持てる人は、あまりいないかもしれません。

「ロボアドバイザー」による「投資」であれば、そんなことは必要ありません。

「AI(人工知能)」や「プログラム」によって、「自動的」に「自分の投資への考え方」や、その時の「景気動向や相場」に合わせて「最適な投資」をしてくれます。

もはや「いつ売ろう」とか「損をしたくないな」などの「心理戦」を戦うことなく、感情を排除した淡々とした「投資運用」が可能になりました。

全自動型の「ロボアドバイザー」を選べば、何もしないで「ほったらかし」で済みますし、登録や入金出金なども「超カンタン」にできます。

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら

投資一任型ロボアドバイザーの魅力

 「ロボアドバイザー」とは、「ロボットアドバイザー」「ロボアド」とも言い、

「AI(人工知能)」や「コンピューター」のアルゴリズムに基づいて、「資産運用のアドバイス」や「実際の投資」を行うサービスのことです。

「金融(Financial services)」と「IT(Information Technology)」を融合させたサービスを提供するため、「フィンテック(Fintech)」とも呼ばれています。

「ロボアドバイザー」には「投資一任型」と「アドバイス型」の2種類のタイプがあります。

「アドバイス型」は自分の「属性」や「条件」「考え方」などから導き出される、最適な投資を「アドバイス」しますが、実際に投資先を決めたり、取引をしたり、リバランスをしたりするのは、「自分」でしなければなりません。

「投資一任型」は、提案された「ポートフォリオ」に合わせて、「ロボアドバイザー」が実際に運用してくれます。

「自分」で投資運用をする必要は全くなく、入金したら「ほったらかし」でかまいません。

「老後資金」の「資金対策」におススメなのは「投資一任型」の方で、投資を「一から勉強」しなくても、全自動ですべてやってくれるのが魅力です。

「投資一任型」の「ロボアドバイザー」で最も有名なのが「THEO(テオ)」と「Welthnavi(ウェルスナビ)」でしょう。

「ロボアドバイザー」は、2007~08年ごろにアメリカで誕生していますが、日本では2014年11月から「THEO(テオ)」の前身となる「ETFラップ」の提供が開始されました。

そして、早くも2015年には注目を集める存在となっています。

2016年2月には「ETFラップ」が「THEO(テオ)」として生まれ変わり、2016年7月には「Welthnavi(ウェルスナビ)」が正式にリリースされています。

それ以来「THEO(テオ)」と「Welthnavi(ウェルスナビ)」は、「投資一任型」の「ロボアドバイザー」としてトップの人気となり今に至ります。

リリースされた直後は、投資に興味がある「男性」ユーザーに人気があったようですが、

「ほったらかし投資」が魅力の「ロボアドバイザー」は、「資産運用に興味はあるけれど、一歩踏み出せなかった」という「投資初心者の女性」に特に人気が高いようです。

【人生設計】リタイア後に気をつけたほうがいいこと

割引やキャンペーンなども増えておトク感がアップ

 「ロボアドバイザー」は、人気が高まるにつれて「手数料の割引」や、さまざまな「キャンペーン」などが充実し始めており、おトク感がどんどんアップしているようです。

「手数料の割引」については、リリース当初はありませんでしたが、

「Welthnavi(ウェルスナビ)」が2018年1月から、預け入れ期間や預け入れ金額に応じて手数料が割引される「長期割」を始めて、最大10%まで割引できるようになり、話題を呼びました。

それに対して「THEO(テオ)」も料金体系を見直し、2019年4月より、最大で手数料が35%割引が可能な、実質的な手数料引き下げを行っています。

「ロボアドバイザー」の「手数料」は、「1%前後」が主流でしたが、これはよく似た運用をする「インデックス型投資信託」の手数料よりもはるかに高かったため、「高すぎる」と批判を浴びてもいました。

しかし、こうした「手数料割引」の傾向は今後も続くことが予想され、「ロボアドバイザー」と「インデックス型投資信託」の手数料の差は今後はどんどん縮まって、さらに利用しやすいサービスになっていくでしょう。

「キャンペーン」についても、「THEO(テオ)」も「Welthnavi(ウェルスナビ)」も結構ひんぱんに行っているので、必ずチェックするといいかもしれません。

「キャンペーン」で一番多いパターンが、「キャンペーン期間中に一定金額をロボアドバイザーの口座に入金すると、その口座に現金のボーナスがプラスされる」というもの。

「新規登録」にも、「追加入金」にもボーナスが適用されることが多いようですが、「ロボアドバイザー」によって「キャンペーン」の内容が違うので、適用条件をよく確認して、条件から外れないようにしてくださいね。

私も、しっかりとボーナスを頂きました。

この「ボーナスキャンペーン」は見逃さずに、「キャンペーン」があるたびにしっかり「ボーナス」を獲得するのも、「ロボアドバイザー」のカシコイ利用法だと思います。

できるだけ早く始めれば資産形成に役立つかも

 「投資」は「短期」より「長期」的に行った方が、「資産形成には有利」と言われています。

「ロボアドバイザー」は、世界的な分散投資を行うため、「世界経済」とくに「アメリカ経済」の景気動向に沿うように「利益」がプラスマイナスします。

世界的に好景気なら「ロボアドバイザー」も好成績だし、「リーマンショック」や「バブル崩壊」などの「経済恐慌」に見舞われれば、一時的にマイナスとなるかもしれません。

しかし経済は世界的に見れば、短期的には落ち込んだ時期もありましたが、もう少し長いスパンで長期的に見てみると、ここ数十年は「右肩上がり」になっており、

「投資のセオリー」の通り「10年以上の長期」で運用した場合は、「ソン」になることはなさそうです。

また、「ロボアドバイザー」は投資で得られた「利益」を、さらに「再投資」に回すため、「長期」で運用すればするほど「複利」の効果が期待でき、「資産形成」をさらに加速させることになります。

「世界経済」に連動するという点からみても、「利息」の「複利効果」という点からみても、できるだけ早めに「ロボアドバイザー」を始めて、「時間」を味方につけることは非常に大事なことだと言えます。

「時間」をより多くとるためには、「早く始める」ことが最も効果的でしょう。

「ロボアドバイザー」をうまく活用することで、「老後資金の不安」が少しでも解決できることになるかもしれません。

この記事のまとめ

老後資金の不安を解消もしくは軽減する手立てを早めに打っておく

老後資金対策にロボアドバイザーは有効

人気が増すにつれおトク感がさらにアップしてきた

ロボアドバイザーは長期投資が必要なため早めに始める方が有利

できるだけ早く始めれば老後資産の形成に役立つ

1万円から始める資産運用【THEO+[テオプラス] docomo】公式サイトはこちら
ウェルスナビで資産運用WealthNavi 公式サイトはこちら