むぎむぎ

今の職場にそのままいた方がいいのかな・・転職したほうがいいのかな・・

そらそら

転職すべきかどうかって、判断が難しいときがあるよね

とろとろ

それって、転職占いでもよくある質問なんだって

 「転職を考えてみようかな・・?」という思いが頭をよぎることは、少し長く就業していれば一度や二度はあるでしょう。

明らかに「もう転職しよ!」とハッキリ思える場合はいいですが、もう少しあいまいな「グレーゾーン」の場合、判断しきれないということもよく起こります。

そのあたりをもう少しスッキリとさせられれば、転職するにせよ残留するにせよ、踏ん切りがつけやすいかもしれません。

この記事では、「転職すべきかどうかで悩んでいる女性」のために、「転職に踏み出すかどうかの判断のポイント」についてをお話ししたいと思います。

この記事を読むことで、「転職活動」のトビラを開けるためのカベになる「心の不安」が解消し、転職にむけて自信をもって一歩踏み出せるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

転職すべきかどうか考えている人

現在の職場に割り切れないものを感じている人

職場で居心地の悪い思いをしている人

やりたいことが何なのかわからない人

転職についてアドバイスが欲しいと思っている人

今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら

やっぱり辞めたほうがいいのかな

 「転職を考えようかな・・」と思う時は、なにかしらそう思う理由があるものです。

「なんとなく違和感がある」「あまりやりがいを感じられない」という、漠然としたものから、「イヤな上司がいる」「職場の人間関係が悪すぎる」という、視覚的や感覚的にハッキリとしているものまでさまざまな理由があります。

個人的なものまで含めると人の数だけ理由がありそうですが、「転職しようかどうか迷っている」場合には、おもに2つの傾向に分類できそうです。

「転職を迷う」時の理由

あまりいいとは思えないけど、自分には明確な不利益がない

自分に不利益はあるけど、ほかの部分でメリットもある

こういうときには、「転職すべき」か「現在の職場に残ってがんばる」か、どちらとも判断が付きませんよね。

でも、その時はごく小さな「不利益」でも、すぐに膨れ上がってしまって、気が付いたらその「不利益」が「ほかの不利益や制約」と連結してしまい無視できないものになっていたということも多いと聞いています。

「デメリット」をハッキリ感じてからはじめて「転職」の可能性を考えるより、あらかじめ「転職」と「残留」のどちらの道も選べるように「ほんの少しだけ準備」しておくことは非常に大切なことかもしれません。

明確な何かがあってから「転職」を考えようと思っていると、いざその時が来たら、いろいろ自分を取り巻く環境や条件に「制限や制約」がありすぎて「動きが取れない」ということにもなりかねず、困ってしまいますよね。

辞めずにいた場合を考えてみる

 「ちょっとした準備」として、まずは「自分が辞めなかった場合はどうなるのか」を、いろいろな角度からシミュレーションしてみるのが、よさそうです。

ちなみに、「辞めない方がいい人」は以下に当てはまる人だと言われています。

転職しない方がいい人

転職で何を実現するかという目的が定まっていない人

自分がやりたいことだけを常に優先してしまう人

他のことや他の人に責任を押し付けがちな人

パートナーがいる場合、パートナーの理解を得られない人

親の介護をしなければならない人

「人間関係」は良好で、それ以外に辞めるべき理由がある人

明確な理由がなく、とにかく辞めたい人

「転職を成功させたければ、そのための準備を入念にし、簡単に会社を辞めてはいけない」ということかもしれません。

しかし、それは分かっていても、どうしても「辞めたい思いに駆られるとき」はあるでしょうし、「でも、いいところもあるしな・・」とか「お世話になっっている人もいるし・・」という気持ちがあれば、なかなか「辞める」「辞めない」という問題に白黒つけるのは難しそうです。

ただ、「辞めたい気持ち」を押し殺して職場にい続けても、心の健康がむしばまれていったり、時には体の健康まで失ってしまうこともあります。

「辞めるべきか」「辞めない方がいいか」がハッキリと判断しきれないときって、本当に中途半端でイヤな気分ですよね。

だからこそ、一度「もし辞めなかったら、このあとどんな風になっていくのか」という予想を、「メリット」「デメリット」だけでなく、さまざまな見方から検証してみるのは大切なことと言えるかもしれません。

その問題が解決すればメリットは大きい

 「転職」した方がいいか、現在の職場に「残留」した方がいいかという問題が解決すれば、どちらを選択するにせよ、あなたの将来にいい影響を与えることになりそうです。

「転職」を選ぶ場合には、そのための準備が「早い時期」からできますし、そうすれば比較的じっくりと「転職活動」の時間が取れることから、「希望通りの転職」ができる可能性が高くなります。

現在の職場に「残留」を選ぶ場合でも、一度「転職」を検討してみることで、迷いのない「スッキリとした気持ち」で日々の仕事に向かうことができますし、そうした吹っ切れた姿勢は、「仕事の結果」や「周りのあなたを見る目」に好影響を与えることにもつながるでしょう。

「残留」したあとで、やっぱり「転職」した方がいいと判断する場合にも、以前に自分の「転職」について、ある程度の「分析」「考察」を加えていれば、「転職」へのハードルはすでに下がっており、スムーズに「転職活動」に入ることができそうです。

ちょっとめんどくさいと感じることもあるかもしれませんが、「迷い」が出た段階で「もしこうなったら」という「シミュレーション」をしておくのは利益が大きいと言えます。

ささいな問題が抱えきれないほど大きくなってしまう前に、是非とも「悩み」を解消して、気持ちよく仕事ができるようにしておきましょう。

判断に迷う場合は「転職占い」もいい

 しかし、辞めずにずっとその職場にいた場合を考えてみても、どうもピンと来なかったり、想像がつかなかったりする場合もあると思います。

ある程度想像できても「それがいいかどうか」を判断できないような場合も出てくるでしょう。

そんな時には、「転職占い」をしてみるのもいいと思います。

最初から「占い」に依存するのではなく、一度自分の頭で考えてみてから「占い師」の話を聞いてみるのは、「悩み」の解決に役立つかもしれません。

すでに「シミュレーション」していることで、「何が問題なのか」「どこが将来の心配の種なのか」ということなどが、それ以前よりハッキリしてきているでしょうし、ハッキリとできていない場合であっても、「自分で悩みを捉えなおしてみた」ということはポイントだと言えます。

「悩み」をより的確に「占い師」に伝えられれば、「占い」で鑑定された「一言」が、あなたの「悩み」を解決する「一言」になるかもしれず、腕のいい「占い師」であれば、「問題点」や「メリットとデメリットの差し引き」を明確化してくれるのに、一役買ってくれそうです。

占ってもらう際には「対面占い」もいいですが、まずはよりお手軽で、鑑定もしっかりとしてもらえる「電話占い」を活用するといいでしょう。

今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら

あなたの天職がわかるかもしれない

 「電話占い」では、比較的込み入った話もできるため、自分の「天職」が何なのかについても納得がいくまで占ってもらえます。

腕のいい「占い師」であれば、「占い師」のアドバイスの方が、「適性検査」を受けるよりも納得ができるかもしれません。

「天職」とは、「天や神が与えたように、その人にぴったりとフィットした職業」のことですが、言い換えれば、「職業や職場で違和感を感じることがない」とか「好きなことを職業にできている」ということでしょうか。

ネット上のアンケートをいくつか見てみると、「好きなことを職業にできているか」という問いに対して、アンケートによって数値に違いはありますが、「できていない」と回答している人が過半数をはるかに超えているようです。

年代別で見ると、「できていない」という回答が最も少ないのが60代で「約50%」、ほかの年代では、50代で「約60%」、40代で「約70%」、30代と20代ではそれぞれ「約75%」ほどであり、若い世代ほど「天職に就けていない」と感じているようです。

しかし、現在の職業や職場が「天職と思えるものではない」ということが分かる人はたくさんいても、では「何が天職なのか」という問いにハッキリと答えられる人は多くはないかもしれません。

「占い師」と話をすることで、「何が天職なのか」という問いに対して一定の回答が得られ、その鑑定が「本当にそうなのかどうか」を吟味し分析するチャンスが得られます。

それが、「天職」という得難いものを認識するきっかけになるかもしれず、自分でも「そうだ」と思えるような鑑定を受けられれば、「占い」の「コスパ」はかなり高くなりそうです。

その仕事は向いていますか?

 「天職」の話の裏返しになりますが、現在の仕事が「天職」なのかどうかもわかるかもしれません。

「その仕事が自分に向いているかどうか」というのは、既に自分でもある程度分かっていることかもしれませんが、ほかの人から言われるとより「はっきりした輪郭」を持ちます。

それが納得できることなら、それだけでも占ってもらった価値があるでしょう。

また、ガムシャラに一生懸命働いてきた人の中には、その仕事が自分に向いているかどうかなんて「考えたこともない」という人や、「まったくわからない」という人もいるかもしれません。

たとえそうであったとしても、鑑定の結果が「心に刺さる」ものなら、改めて自分を見直すよい機会になると思います。

それは、これからの時間を何も考えずに突っ走っていくよりも、「いい結果をあなたにもたらす」ことになりそうです。

もしも、現在の仕事内容や職場の雰囲気が「自分に向いていない」ようなら、就職してから比較的短い期間しかたっていなくても、「転職」を積極的に考えた方がいいと言われています。

【当たる占い】転職の迷いをスッキリできるポイント

心の迷いには「占い」の一言が効くことも多い

 いろいろ考えてみても、まだ転職すべきかどうか悩んでモヤモヤしているのなら、やはり「転職占い」はいい選択かもしれません。

こういう場合、あなたの「職場環境」や「職場での立ち位置」「出来事の意味」などを第三者的に見てもらうことが必要になってきます。

相談できる相手を持つのは、こういった「心の迷い」では大切なことですが、適任な人を見つけるのはなかなか難しいと言われています。

確かにそれはそうで、「家族や友達」を選ぼうとすれば、あなたの「置かれている状況」や「考え方」を的確に汲んでくれて、ツボを押さえた回答をしてくれ、さらに職場の側にあなたの心の内を漏らさないという人を探し当てるのはけっこう苦労するかもしれません。

「転職エージェント」は「転職支援サービス」であるため、「転活動職の手順」だとか、「応募書類や面接のセッティングやフォロー」といった「実務的なこと」の相談には乗ってくれるでしょうが、「転職しようかどうか迷っている」ことを相談するのは難しいでしょう。

あなたが派遣社員であれば、派遣会社に「コーディネーター」などがいますが、どちらかと言えば、依頼元の雇用主に都合が悪いことは言わない傾向にあり、やはり個人的な「心の迷い」については相談できそうにありません。

また、何でも相談できる、人生の「助言者」「指導者」的立場の「メンター」を持っている人は、一般的ではないため日本では「まれ」で、ほとんどいないと思われます。

「占い師」であれば「心の迷い」を相談するにはうってつけで、あなたの職場とは利害関係がなく話が漏れる心配もないですし、「占い」自体が、ある意味で「迷い」「悩み」を専門としていることから、鑑定を通して「迷いに効く」アドバイスがもらえることも多いでしょう。

そうすれば、「転職」を選ぶにせよ「職場に残る」ことを選ぶにせよ、「迷う」ことなく気持ちよく行動ができるようになれそうです。

信頼できるサイトを利用してみよう

 比較的お手軽で料金も安く、その割には「1対1の対話」でしっかり鑑定してもらえる「電話占い」が、今とても人気なんだとか。

人気があるせいでたくさんの業者が参入し、100をゆうに超える「電話占い」のサイトが乱立しているようです。

ですが、どこを使ってもいいというわけでもないようで、トラブルになってしまう例もあると聞きます。

せっかくあなたの「人に言えないこと」を相談し、占ってもらうんですから、「キチンと鑑定をしてもらえること」と「個人情報や秘密はしっかり守ってもらうこと」は最低限押さえたいポイントですよね。

「電話占いヴェルニ」や「電話占いピュアリ」「電話占いウィル」「電話占いフィール」「電話占いウラナ」「電話占いカリス」などであれば、占い師の数も多く、セキュリティもしっかりしているようなので、安心して「人に言えないこと」を話せそうです。

「電話占い」は「占い」という分野だからこそ、「安心」「安全」「信頼」が大切になります。

「信頼」できる「電話占いサイト」を見つけて無料登録をしたら、あとは「相性のよいお気に入りの占い師」を探し当てるだけです。

「迷っていた気持ち」に対して一筋の光になるような、「心に響く言葉」を受け取ることができるかもしれません。

この記事のまとめ

「転職」と「残留」のどちらの道も選べるように「少しだけ準備」しておく

まずは「辞めなかったら今後どうなるのか」を、多角度からシミュレーション

一度自分の頭で考えてみた上で「転職占い」をしてみるのは、「悩み」の解決に役立つかも

心の迷いには「占い」が効くことも多い

「占い」という分野だからこそ、「信頼」できる「占い」を選ぶこと

今すぐ無料登録
【電話占いヴェルニ】公式サイトはこちら