nekoumouke0008

むぎむぎ

クーポンで「7割引き」になっちゃったよ

そらそら

私も使ってみよっと!みんなはどのクーポンサイトを使ってるのかな

とろとろ

じゃあ、クーポンについてお話ししてみるね

 「クーポン」ってものすごい割引率だって知っていましたか?

大手のクーポンサイトの「グルーポン」や「くまポン」などをのぞいてみると、「半額」だとか「70%off」なんていうものも、ざらにあったりします。

これだけの割引が得られるのなら、上手く活用して積極的に使っていきたいですよね。

でも、「クーポン」ってどうしてそんなに安いんでしょう?

危なくないんでしょうか?粗悪品の心配はないのでしょうか?

この記事では、「クーポン」を使いこなして「お金の節約」をしたいと考えている方のために、「クーポン」をより上手に使いこなすための知識として、「クーポンの仕組み」や「店側と客側双方のメリット・デメリット」などについてのお話しをしてみることにしましょう。

この記事を読み終えることで、「クーポン」を取り巻く全体像がよく分かり、「クーポン」を「家計」や「老後資金」の「節約」などに利用するためのイメージがつかみやすくなるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

お得なクーポンで家計や老後資金の節約をしたい人

クーポンの仕組みを知りたいと思っている人

お店が極端なディスカウントをする理由が気になる人

複数のクーポンサイトを使いたいと考えている人

クーポンサイトのそれぞれの特徴を簡単に知りたい人

くまポンbyGMO公式サイトはこちら

グルーポン系サイト

mattarito-couponsite
 グルーポンに代表される、クーポンの共同購入サイトを、「グルーポン系サイト」という言い方をすることがあります。

これは、「クーポンの共同購入」によるディスカウントというスタイルが、アメリカの「グルーポン」社が始めたビジネスモデルです。

それが「グルーポン」の成功と共に瞬く間に世界中に広がり、同様のサービスを大量に生んだことから、こう呼ばれるようになりました。

日本におけるこの系統のサイトで最大のものは、「グルーポン」の日本語版である「グルーポン・ジャパン」です。

以前は、リクルートが運営する「ポンパレ」と「2トップ」を形成していましたが、「ポンパレ」は2017年5月15日に突然サービスを停止して、人々を驚かせました。

「グルーポン」の日本上陸のころは、「グルーポン系サイト」が雨後のタケノコのように開設され、かなりの盛り上がりを見せていましたが、だいぶ淘汰されているようです。

クーポンの共同購入サイトはインターネットとの相性がよかったため、オークションサイトみたいに大きな市場に広がっていくのではないかという憶測もありましたが、そうはならなかったということかもしれません。

グルーポン系クーポンの仕組み

mattarito-couponnoshikumi
 商品の購入やサービスを受ける前に、代金を前払いしておくクーポンの仕組みのことを、「グルーポン系事前購入型クーポン」といいます。

購入前に代金を支払う(プリペイド)することで、「半額~90%」ほどの割引を受けることができます。

普通は「購入のために必要な最低人数」が設定されており、制限時間内に設定された購入人数や購入枚数に満たない時には、「クーポン」の購入が成立せずに、販売が行われない仕組みになっています。

購入した「クーポン」や「チケット」は、利用期間や制限時間などが設定されているので、購入したらその期間や時間内で利用しなければなりません。

商品やサービスを極限まで安くできる秘密は、料金前払いで、店側が設定した一定数の購入を前提にできるという、この仕組みにあります。

ざっくりと言えば、「大量買い」と「前払い」によって商品やサービスの値段を劇的に下げる一方で、「ディスカウント」された値段で利用者をおおぜい集めて共同購入してもらい、「薄利多売」のボリュームを大きくしていくという手法だと言えそうです。

クーポンがもたらすメリットとデメリット

mattarito-couponnomerit
 「クーポン」の仕組みは、店側・客側双方に「メリット」があります。

「店側のメリット」は、「ディスカウント」する代わりに、広告費を使わずに一定数の利用客が見込め、前金で支払われるのでまとまった売り上げが計上できます。

「クーポン」の売れ行きを見ることで、この商品やサービスが、利用客にとってその金額でどれほどの魅力があるのかが予測でき、マーケティングの効果もあります。

そして、うまくいけばリピーターが獲得できるかもしれません。

「客側のメリット」はなんといっても、割引率が「50%~90%」ほどという、かなりアグレッシブで激しい「ディスカウント」が受けられることです。

ですが、いいことばかりではないようで、「店側」と「トラブル」になってしまう事例もあるようです。

あとは、「有効期限ギリギリになって予約を入れたけど、すぐに予約日を入れられず、期限内の利用ができなくなってしまった」という例も多いと聞きます。

この場合、「有効期限内」に利用しなければ「クーポン」は「無効」と明示されているので、「期限内に連絡したけど予約できなくて期限がすぎてしまったから返金してほしい」と主張しても、それは通らないようです。

クーポンのマイナス面

■「店側」「サイト側」とサービス内容の相違などでトラブルになる場合がある

■「クーポン」の数に限りがあり、売買不成立の時もあるので、買えない場合がある

■「キャンセル時は現金では返金されずポイントで返金される」サイトもある

■その他キャンセル時に「店側」「サイト側」とトラブルになる可能性もある

■店によっては利用を嫌がったり、予約を婉曲に断ったりするケースもある

■期限内に使えなければ、払ったお金がすべてムダになる

こうした、デメリットを上手に回避して利用するのが、「クーポン」を利用して、その利益を最大限に引き出すポイントになりそうです。

スマートフォンなどで「クーポン」を、お店に「表示して提示すれば」サービスを受けられますが、お店によっては「印刷が必要」な場合もありますので、使用時に必要になる要件をキチンとチェックしておきましょう。

クーポンを利用する時のポイント

■購入を迷っているうちは「すぐに購入ボタンを押さない」

■購入したら、「できるだけ早く使う」

■予約が必要な場合は特に、有効期限までに「十分な時間的余裕を持つ」

■予約時は断られるのを防ぐため、「先に空き時間を尋ねる」

■購入前に必ずネットで「口コミを調べる」

■クーポンサイト同士を「比較してみる」

■クーポンサイトだけでなく「予約サイトなどのクーポンもチェック」

■利用時に必要となる「要件を確認しておく」

クーポンの使い方

■スマホのQRコードアプリを使う

■店舗独自のギフト券が届き、それを使用

■店舗独自のアプリやHP経由でコードを入力して使用

■クーポン購入ページを印刷して持参し提示

■クーポン購入ページを利用時に表示して提示

【ふるさと納税】節約効果フル活用で家計を助けよう

グルーポン方式の構造的欠点

mattarito-couponnoketten
 「クーポン」にまつわるトラブルで思い出されるのが、2011年1月に起きた「スカスカおせち事件」でしょうか。

当時テレビでも連日報道されたので、覚えている方も多いと思いますが、あの事件の原因は、店側の販売数設定がキャパシティを大きく超えていたことにあり、「数」だけはなんとか揃えようとしたところから、「スカスカおせち」が注文者に届けられるという事態になってしまったということです。

店側は集客のために、かなりアグレッシブに割引します。

そうすると利用客がワサワサと集まりますが、店側としては割引率が高いために、どうしてもクーポン成立の購入件数を多く設定してしまいがちになります。

それは、「グルーポン系事前購入型クーポン」が構造的に抱える問題なので、今後も起きる可能性がありますし、利用客側からは回避することができません。

クーポンはその他にもさまざまなトラブルを生んでいます。

例を挙げると、「グルーポン」にまつわる事件は結構な数があり、2010年8月「iTunesカード配送遅延」、2010年12月「偽造クーポン」、2011年1月「クーポン販売後利用条件変更」、2011年1月「顧客情報紛失」、2011年2月「店舗との契約無断変更」、2011年2月「未契約でクーポン無断販売」、2010年11月「割引クーポン券で客が殺到し店が赤字」、2011年12月「契約より多いクーポンを発行」などが知られています。

ただ、これらのトラブルはすべて2010年~2012年ごろにかけて起こっており、「グルーポン」の日本進出からそれほど月日がたっていない時に集中していて、現在は「悪い口コミ」はあるものの、とくに大きな問題は聞こえてこないようです。

ですが、「半額~90%割引」というのはとても魅力的なので、そういう問題があるかもしれないことを頭に置きつつ、積極的に使っていけばいいのではないでしょうか。

うまく使いこなせれば、「クーポン」はおトクな生活に欠かせないものになるかもしれません。

【人生設計】リタイア後に気をつけたほうがいいこと

グルーポン

 アメリカ・シカゴに本社を置く、共同購入型クーポンサイト。

2008年創業で、2010年には早くも世界的な企業となります。

2010年に日本へ進出し、共同購入型クーポンサイト「クーポッド」を買収してリニューアルし、「グルーポン・ジャパン」のサービスを始めました。

展開エリアも広範囲で、業界最大手のサイト。

「50-70%OFF」をうたっており、日本ではもっとも利用されているサイトなので、ここに登録しておけばほとんどのジャンルをカバーできるでしょう。

メルマガに登録すれば、「90%」という超高割引率の「クーポン」も手に入るようです。

注意点としては、「キャンセル」する場合、「現金」ではなく「ポイント」で返金されるという点。

ネットの口コミなどでも、この点はかなりマイナスと受け止められているようです。

「グルーポン」を利用する時は、「プロモコード」をカシコク利用しましょう。

「プロモコード」とは、期間限定で利用できる「クーポン購入に使える割引券」のことですが、期間限定でないものも中にはあるようです。

「グルーポン」にセールはないようですが、お得な「プロモコード」が配信されているタイミングが、セールと同じような役割を果たしていますので要チェックです。

「グルーポン」は、スマートフォンで「グルーポン・アプリ」も利用できますので、よい「クーポン」があれば見逃さずに、お食事や飲み会、ショッピング、旅行などをお得に体験してみましょう。

グルーポン【共通】Groupon(TOPページ)公式サイトはこちら

くまポンbyGMO

 2010年サービス開始。GMOインターネットが運営するグルーポン系クーポンサイト。

ポイントサイトのポイントタウンとは姉妹サイトになります。

GMOグループはほかにも姉妹サイトを多数運営しており、「GMOとくとくポイント」という共通のポイントシステムがあるなど、サイト間の連携もいいです。

毎日お昼の12時に新着クーポンが追加されます。

24時間の期間限定販売なので見逃さないようにチェックしておくといいかもしれませんね。

毎日変わるプレゼントの応募企画があったり、商品を購入すると次回利用できるクーポンが発行されたりするのもうれしいところです。

掘り出し物がちょこちょこあり、マメに見ておくと「価値のあるクーポン」が拾えたりします。

旅行系のクーポンが充実しているので、旅行を計画している人は見ておいて損はないかもしれません。

割引クーポンの「プレゼント」が多いのと、コンビニで引き換えできる「無料お試し券」などもあり、なかなかお得に使えます。

登録は無料ですので、「クーポン」を積極的に使おうと思っている方は、「くまポンbyGMO」にも登録しておくといいでしょう。

くまポンbyGMO公式サイトはこちら

【節約】簡単で安心安全確実!自己アフィリのススメ

トクー!ポン

 格安旅行サイトの「トクー!」のサイト内にある、「クーポンコーナー」で購入できます。

ホテル・旅館・レストランなどの格安クーポンが手に入りますが、「トクー!」が宿泊施設の格安検索予約サイトであることから、お得意のホテル・旅館などの宿泊施設の「クーポン」が狙い目と言えそうです。

得意分野がはっきりとしているので、かえって使いやすいかもしれません。

「クーポン」の販売周期は、毎週「月曜日」「水曜日」「金曜日」の「1週間に3回」になります。

「トクー!」の「有料会員」である「プレミアム会員」と「VIP会員」のみが利用可能であり、「無料会員」は利用できない点は仕方がないでしょう。

また、「クーポン」の利用回数の制限もあり、「プレミアム会員」は年2回、「VIP会員」は年6回まで利用できるようです。

利用に制限はあるものの、「ホテル・宿」「レストラン」「レジャー」「スパ」などが全て半額以下の価格になるので、掘り出し物があるかもしれません。

「購入した本人以外も使える」のも大きなメリットで、そのため、「トクー!ポン」を家族や友人へのプレゼントにもできます。

トクー!ポンの使い方

■「クーポン」には利用できる期限があるので要チェック

■「クーポン」を使用する場合、大人2名以上の宿泊が必要

■3名以上の宿泊の場合は予約時に追加可能か確認の上、追加分は現地支払い

■購入した後は「クーポン」のキャンセルはできないので注意

■原則的に割引クーポンはプリントアウトが必要

PONiTS(ポニッツ)

 「PONiTS」(ポニッツ)は、ケーブルテレビ会社であるイッツコムが運営する50%OFFからの東急沿線チケット共同購入サイトです。

渋谷駅周辺、東急田園都市線沿線、東急東横線沿線という大人気の3エリアに限定した、新しい形の地域密着型サービスと言えます。

レストランをはじめとする、たくさんのお店から商品やサービスを厳選し、1件ごとに丁寧に取材を行って動画も放送しています。

LUXA(ルクサ)

LUXA(ルクサ)とは、株式会社ルクサ運営しているチケット共同購入サービス(グルーポン系サービス)です。

2010年8月に開設されました。

主に高年収のビジネスパーソンをメインターゲットとしていて、「贅沢体験ができるプレミアムチケット」をテーマに飲食店やリラクゼーション施設などの割引券を提供しています。

高価な食品や化粧品、家電から歌舞伎座や高級ホテル宿泊付きの旅行といったラグジャリーな商品やサービスなどを、かなりおトクな価格で楽しむことができるかもしれません。

この記事のまとめ

クーポンを「かしこく」使い倒すにはキチンと仕組みを知ること

クーポンが割引できるのは一度に大量の共同購入をして安くなるから

さらに代金を前払いにすることでお店はメリットを受けるので割引率が上がる

割引率がとにかく高いのでうまく使えば「節約」に大活躍してくれる

日本では「グルーポン」が1強で、「くまポン」などが追い上げる

くまポンbyGMO公式サイトはこちら