なつかしの歌・音楽

【SARD UNDERGROUND】アルバム名盤セレクト

2021-12-19

【SARD UNDERGROUND】アルバム名盤セレクト
りん
2007年5月27日に、「ZARD」の「坂井泉水」は他界してしまったけれど、それから「12年後」の2019年(平成31年/令和元年)2月3日に、その遺志を受け継いだバンド「SARD UNDERGROUND」がデビューしたんだって
「SARD UNDERGROUND」は「ZARD」の「トリビュートバンド」なんだけど、「カバーバンド」と言ったほうがピンとくる人が多いかもしれないね
うに
ナナ
でも、単なる「トリビュートバンド」「カバーバンド」ではないみたいだよ
ナナ
「ZARD」のデビューからその最期まで「坂井泉水」を支え続けた「スタッフ」たちが、まるっと「全面バックアップ」している、言わば「公式トリビュートバンド」である点が、ふつうの「カバーバンド」とは違っているよね
「ZARDの楽曲を歌い継ぐこと」を「公式に許された唯一のアーティスト」ということなんだよ
ジジ
きなこ
「ZARD」という1990年代を代表する偉大なアーティストの「遺志を継ぐ」というのは言葉で言うほど簡単じゃないだろうし、ものすごいプレッシャーの中で進んでいくことになるから、彼女たちには頑張って欲しいし、応援したいよね
「SARD UNDERGROUND」は「ZARDのカバー曲」だけをやるわけじゃなくて、「オリジナル曲」もリリースしていくから、彼女たちが「ZARD」をうまく受け継げるのか、そのあたりも注目していきたいね~
そら
ぷりん
それじゃあ、さっそく「SARD UNDERGROUND」のアルバムに収録されているヒット曲や名曲を聴いてみましょうよ!
【楽曲名】からのリンクは、特段の表記がない限り「YouTube」にリンクされているので、お好きな動画をご覧になって下さいね
こむぎ

この記事を読んでほしい人

  • 「SARD UNDERGROUND」の名曲・人気曲がふと聴きたくなった人
  • 「SARD UNDERGROUND」の名アルバムの選曲が気になる人
  • 「ZARD」「SARD UNDERGROUND」の曲が大好きでファンの人
  • 「SARD UNDERGROUND」の代表的アルバムだけ手っ取り早く聴きたい人
  • 「ZARD」の名曲やヒット曲に懐かしい思い出がある人
思い出の曲を聴いてみよう! 【レコチョク】 公式サイトはこちら
こちらもどうぞ
【WANDS】ベストアルバムで懐かしの名曲を満喫

続きを見る

こちらもどうぞ
【ZARD】ベストアルバムで懐かしの名曲を楽しもう

続きを見る

【SARD UNDERGROUND】セレクション

2019年リリース

レモン
『ZARD tribute』は、1枚目の「カバーアルバム」で、「SARD UNDERGROUND」のデビュー作になるんだよ
収録されている楽曲はすべて「ZARD」のもので、なかなかいい感じの爽やかなアルバムに仕上がっているよね
ひな
メイ
「坂井泉水」は引き込まれるような「超美人」だったけど、ボーカルの「神野友亜」も、ベースの「杉岡泉美」も、ギターの「赤坂美羽」も、キーボードの「坂本ひろ美」も、「SARD UNDERGROUND」のメンバーはみんな「べっぴんさん」だから、ビジュアル的にも負けてないかも

アルバム『ZARD tribute』

1stカバーアルバム
2019年9月18日リリース
週間24位(オリコン)

1【君がいない/SARD UNDERGROUND】
「君がいない/ZARD」のカバー

2【愛は暗闇の中で/SARD UNDERGROUND】
「愛は暗闇の中で/ZARD」のカバー
原曲は「Empty Days/BLIZARD」

3【揺れる想い/SARD UNDERGROUND】
「揺れる想い/ZARD」のカバー

4【マイ フレンド/SARD UNDERGROUND】
「東北・みやぎ復興マラソン2019」イメージソング
「マイ フレンド/ZARD」のカバー

5【突然/SARD UNDERGROUND】
「突然/ZARD」のカバー
原曲は「突然/FIELD OF VIEW」

6【負けないで/SARD UNDERGROUND】
JSPORTS「高校バスケ ウインターカップ2019」テーマソング
「負けないで/ZARD」のカバー

7【心を開いて/SARD UNDERGROUND】
「心を開いて/ZARD」のカバー

8【DAN DAN心魅かれてく/SARD UNDERGROUND】
「DAN DAN心魅かれてく/ZARD」のカバー
原曲は「DAN DAN 心魅かれてく/FIELD OF VIEW」

9【あの微笑みを忘れないで/SARD UNDERGROUND】
「あの微笑みを忘れないで/ZARD」のカバー

10【きっと忘れない/SARD UNDERGROUND】
「きっと忘れない/ZARD」のカバー

11【Don't you see!/SARD UNDERGROUND】
「Don't you see!/ZARD」のカバー

12【少女の頃に戻ったみたいに/SARD UNDERGROUND】
「少女のころに戻ったみたいに/ZARD」のカバー

13【もう少し あと少し・・・/SARD UNDERGROUND】
「もう少し あと少し・・・/ZARD」のカバー

14【永遠/SARD UNDERGROUND】
「永遠/ZARD」のカバー

こちらもどうぞ
【SARD UNDERGROUND】懐かしの名曲を楽しもう - のんびり探偵の休暇
【SARD UNDERGROUND】懐かしの名曲を楽しもう - のんびり探偵の休暇

続きを見る

2020年リリース

ルル
『ZARD tribute II』は、2枚目のカバーアルバムで、前回リリースしたアルバム同様、全曲「ZARD」の楽曲のカバーで構成されているんだって
1枚目のカバーアルバム同様、爽やかな感じを出しながらも、少しアレンジを「ロックっぽく」したように感じるし、全体にカバーの質が上がって、上手くなったような気がするよ
いくら
すず
「コロナウイルス」で大変な時期だったけど、きっといっぱい練習して、ライブの場数もたくさん踏んで、メンバーみんなで頑張ったんだよ

アルバム『ZARD tribute II』

2ndカバーアルバム
2020年10月7日リリース
週間16位(オリコン)

1【君に逢いたくなったら・・・/SARD UNDERGROUND】
「君に逢いたくなったら・・・/ZARD」のカバー

2【眠れない夜を抱いて/SARD UNDERGROUND】
テレビ朝日系列『musicるTV』2020年10月度エンディングテーマ
「眠れない夜を抱いて/ZARD」のカバー

3【あなたを感じていたい/SARD UNDERGROUND】
「あなたを感じていたい/ZARD」のカバー

4【星のかがやきよ/SARD UNDERGROUND】
「星のかがやきよ/ZARD」のカバー

5【こんなにそばに居るのに/SARD UNDERGROUND】
「こんなにそばに居るのに/ZARD」のカバー

6【息もできない/SARD UNDERGROUND】
「息もできない/ZARD」のカバー

7【ハイヒール脱ぎ捨てて/SARD UNDERGROUND】
「ハイヒール脱ぎ捨てて/ZARD」のカバー

8【Get U're Dream/SARD UNDERGROUND】
「Get U're Dream/ZARD」のカバー

9【Top Secret/SARD UNDERGROUND】
「Top Secret/ZARD」のカバー

10【好きなように踊りたいの/SARD UNDERGROUND】
「好きなように踊りたいの/ZARD」のカバー

11【瞳そらさないで/SARD UNDERGROUND】
「瞳そらさないで/ZARD」のカバー
原曲は「瞳そらさないで/DEEN」

12【Oh my love/SARD UNDERGROUND】
「Oh my love/ZARD」のカバー

2021年リリース

ひなた
『オレンジ色に乾杯』は、「SARD UNDERGROUND」初の「オリジナル・アルバム」で、「坂井泉水の未発表詞を楽曲に仕上げたもの」や、「ボーカルの神野友亜が作詞した楽曲」で構成されているらしいよ
とても印象のいいアルバムに仕上がっていて、「ZARD」のもっていた「あの雰囲気」をうまく受け継ぎながら、「SARD UNDERGROUND」オリジナルの楽曲を聴かせてくれているね~
うに
プチ
「第5期WANDS」を再始動する際に、ギターの「柴崎浩」が「続きをやってみたくなった」とコメントしたんだけど、「ZARD」に対する「SARD UNDERGROUND」にも、この言葉がそのまま当てはまっているみたい
プチ
このアルバムを聴けば「SARD UNDERGROUNDがやりたいことはこれだったんだ」と言うことが、『ZARD tribute』『ZARD tribute II』の2作の「カバーアルバム」よりも、ハッキリとよくわかるよね
まさに「ZARDの続き」をやっていこうとしているし、「神野友亜」のボーカルにも、『ZARD tribute』『ZARD tribute II』のころよりも、「受け継いでいく覚悟や決意」が感じられるみたい
あんこ
茶々
それはきっと、メンバーみんながそれぞれ「たくさんたくさん悩んだから」こそ、そんな風に伝わってくるんじゃないかな

アルバム『オレンジ色に乾杯』

1stアルバム
2021年9月1日リリース
週間12位(オリコン)

1【オレンジ色/SARD UNDERGROUND】
KBS京都 『キモイリ!』4月のエンディングテーマ

2【あの夏の恋は眩しくて/SARD UNDERGROUND】
サンテレビ 『第52期サンテレビガールズ』イメージソング

3【夏の恋はいつもドラマティック/SARD UNDERGROUND】
テレビ朝日系全国放送「musicるTV」 9月度オープニングテーマ
「坂井泉水」の未公開詞を使用

4【これからの君に乾杯/SARD UNDERGROUND】
MBS『+ music』2020年4-6月テーマ曲
「坂井泉水」の未公開詞を使用

5【少しづつ 少しづつ/SARD UNDERGROUND】
読売テレビ制作・日本テレビ系テレビアニメ『名探偵コナン』エンディングテーマ
「坂井泉水」の未公開詞を使用

6【イチゴジャム/SARD UNDERGROUND】
関西テレビ・テレビ愛知ほかショートアニメ『おかしなさばくのスナとマヌ』主題歌

7【君には敵わない/SARD UNDERGROUND】
TBS「王様のブランチ」9月度エンディングテーマ

8【ブラックコーヒー/SARD UNDERGROUND】
関西テレビ・テレビ愛知ほかショートアニメ『おかしなさばくのスナとマヌ』主題歌

9【黒い薔薇/SARD UNDERGROUND】

10【夏の終わりに・・・/SARD UNDERGROUND】

<通常盤 Bonus Track>
11【Blue tears/SARD UNDERGROUND】

2022年リリース

アルバム『ZARD tribute III』

3rdカバーアルバム
2022年2月9日リリース
週間14位(オリコン)

1【Today is another day/SARD UNDERGROUND】
「Today is another day/ZARD」のカバー

2【IN MY ARMS TONIGHT/SARD UNDERGROUND】
「IN MY ARMS TONIGHT/ZARD」のカバー

3【遠い日のNostalgia/SARD UNDERGROUND】
「遠い日のNostalgia/ZARD」のカバー

4【My Baby Ground ~ぬくもりが欲しくて~/SARD UNDERGROUND】
「My Baby Ground ~ぬくもりが欲しくて~/ZARD」のカバー

5【I'm in love/SARD UNDERGROUND】
「I'm in love/ZARD」のカバー

6【素直に言えなくて/SARD UNDERGROUND】
「素直に言えなくて/ZARD」のカバー

7【運命のルーレット廻して/SARD UNDERGROUND】
「運命のルーレット廻して/ZARD」のカバー

8【夏を待つセイル(帆)のように/SARD UNDERGROUND】
「夏を待つセイル(帆)のように/ZARD」のカバー

9【この愛に泳ぎ疲れても/SARD UNDERGROUND】
「この愛に泳ぎ疲れても/ZARD」のカバー

10【愛が見えない/SARD UNDERGROUND】
「愛が見えない/ZARD」のカバー

11【世界はきっと未来の中/SARD UNDERGROUND】
「世界はきっと未来の中/ZARD」のカバー

12【お・も・ひ・で/SARD UNDERGROUND】
「お・も・ひ・で/ZARD」のカバー

なつかしい思い出の曲を楽しもう!

オススメの音楽配信サイトなど

レコチョク

「レコチョク」は、音楽会社各社が参画する「ダウンロード購入」タイプの音楽配信サービスで、そのため幅広いジャンルにわたってラインナップが豊富であることや、「ハイレゾ配信」も行っており、「ストリーミング(サブスクリプション)」タイプや「CD/DVD」などよりも、「高音質」で聴くこともできます。

「ダウンロード」による「デジタルデータの購入」なので、楽曲のデータを消去してしまわない限りは、人気の「サブスクリプション」(定額料金で多数の楽曲が聴き放題になる)タイプのように、音楽配信が停止になって、いつのまにか聴きたい曲が「聞けなくなってしまう」ようなことがないのがいいところですね!

「自分の好きなアーティストの曲だけをたのしみたい人」「月額料金をずっと取られ続けるのが嫌な人」「聴きたい曲が決まっている人」「曲ごとやアルバムごとに料金を払う、ダウンロードタイプの音楽配信サービスがいい人」「全体の出費を抑えながら音楽を楽しみたい人」「曲のラインナップは豊富な方がいい人」にはおススメ!

⇒音楽ダウンロードならムダな料金がかからない! 【レコチョク】

e-onkyo music

「e-onkyo music」は、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データであり、CDでは聴こえなかった微細な表現も楽しむことができる「ハイレゾ音源」だけを扱う、「日本のハイレゾ音源配信の元祖」ともいえるサイトであり、「mora」とともに「ハイレゾ音源」を購入できる国内の「2大配信サイト」と言われています。

ほかの音楽配信サイトでは、「ハイレゾ」と「非ハイレゾ」の音源が混在しており、購入時には間違えないように注意が必要になりますが、「e-onkyo music」であれば、超高音質の「ハイレゾ音源」だけを選ぶことができるのは大きな魅力!

配信形式が豊富なことも特徴で、中には同一作品で「音質違い」が用意されている場合もあるので、環境や好みに合わせて選ぶことができるのも強みであり、ジャンルは「オールジャンル」といっていい充実ぶりで、取り扱う楽曲の数も多いので、「いろいろな環境で聴きたい」「超高音質を楽しみたい」なら「e-onkyo music」はいい選択になるでしょう。

Tower Records

「Tower Records(タワーレコード)」は、アメリカ生まれの大手CDショップチェーンで、日本でもレコード全盛の時代から「NO MUSIC, NO LIFE.」のキャッチコピーで知られ、音楽の購入方法がダウンロードやストリーミングなどに中心が移ってしまった今でも、音楽の実店舗としては「No.1」であり、現在も「CD」「DVD」「書籍」などを販売していて、コアなファンも多くいます。

「Rock」「Pops」は言うに及ばず、「Classic」「Jazz」「Fusion」など幅広いジャンルにわたって品ぞろえは豊富で、さまざまな「音楽情報」「タワーレコード限定商品」「オンラインショップ限定特典」などもあり、「CD」「DVD」や「音楽系の書籍」「グッズ」などをよく買う方にとっては、魅力的な専門的なショップです。

「昔ながらのレコードやCDを買いたいという音楽ファンの人」「CDやDVD・ブルーレイなどで音楽を聴きたい人」「レコードやCDでの音質にこだわる人」「タワーレコード限定グッズやオンライン限定特典に魅力を感じる人」「インターネットに詳しくはないが音楽好きな人」「ジャケットを見ないと音楽を聴いた気にならない人」などには非常におススメ!

コロムビアミュージックショップ

「コロムビアミュージックショップ」は、日本有数の老舗レコード会社である「日本コロムビア」の公式通販サイトで、「演歌」「歌謡曲」から「J-POP」「ロック」「クラシック」「ジャズ」「アニメ」「特撮もの」や「キッズ」「ファミリー」など、幅広い「年代」「ジャンル」にわたる「音楽に関わる商品」を販売しています。

歴代の人気アーティストの作品を取り揃えており、市販されている「CD」や「DVD」「Blu-ray」をはじめとし、「通販限定CD-BOX」や「グッズ」「フォト」「オリジナル特典つきCD」などの「限定もの」のほか、「レコード」「カセット」までもあるなど、「コロムビアミュージックショップ」でしか手に入らない商品が多数購入できるのは、「音楽好き」にはとても魅力的!

「音楽が好きな人」「昔のヒット曲を集めた企画もののCDを探している人」「好きなアーティスト関連のグッズが買いたい人」「コレクションしているアーティストがいる人」「なつかしのアーティストの楽曲や写真・映像を楽しみたい人」には、非常におススメです!

ライブ映像やタイアップを楽しむ

ライブ・ドラマ・映画が楽しめるオススメVOD

Hulu

「hulu」は、「コスパ」が非常によく「配信作品数」も多い優秀な「動画配信サービス(VOD)」で、ドラマや映画の配信以外にも「テレビの人気バラエティ番組の見逃し配信」や、「日米英ニュース」「音楽」「ドキュメンタリー」「スポーツ」なども充実しており、そのラインナップには満足する人が多いでしょう。

最新作映画の配信はほとんどなく、最新のドラマも配信されていないものがありますが、「すべてが見放題作品」なので追加料金が発生せず、「hulu」でしか観られない「オリジナル・コンテンツ」も豊富で、いろいろなデバイスで動画を見ることができるなど、「使いやすさ」と「満足感」「月額コスト」のバランスが高いのが魅力的!

「海外ドラマを見たい人」「有料作品による追加料金を取られたくない人」「見逃してしまったバラエティ番組を楽しみたい人」「近所のレンタル店に行くのが面倒な人」「VODにあまりお金をかけたくない人」「毎月かかるお金は定額の方がいい人」「とにかくたくさん映画やドラマを見る人」には、非常におススメ!

U-NEXT

「U-NEXT」は、他の「動画配信サービス(VOD)」に比べて圧倒的に多い、国内最大の映像作品数を誇り、最新作以外にも「別途レンタル課金」が発生する作品もあるものの、20万本以上ある映像コンテンツのうち約18万本が見放題で、さらにユーザーは毎月「動画レンタルや電子書籍購入などに利用できるポイント」がもらえるので、月に2~3本の最新映画が実質無料で視聴できます。

「月額料金」はかなり高めの設定ですが、「新作映画」や「ドラマの最新作」の配信が早く、「コンテンツの質と量」や「機能面」も申し分ない充実ぶりである上に、「80誌以上の雑誌」や「マンガ」などの「電子書籍」が「読み放題」になるなど、積極的に使いこなせれば、かなり「コスパ」を高くすることができて魅力的!

「ファミリーアカウント機能を使って家族で利用したい人」「原作漫画とアニメ作品をダブルで楽しみたい人」「動画を見るとき倍速再生をよく使う人」「洋画・邦画・TVドラマ・アニメ・漫画・雑誌・書籍を一つで完結させたい人」「毎月映像作品をたくさん見る人」「ラインナップの豊富なVODがいいと思う人」「高めの月額料金分をしっかり活用できる人」にはおススメです。

dTV

「dTV」は、数ある「動画配信サービス(VOD)」の中でもとくに安い「月額料金」で、多数の作品を見ることができる、「高コストパフォーマンス」の「動画配信サービス(VOD)」です。

「レンタル作品」は、「見放題作品」とは違い「別途に個別料金が発生」し、「視聴期間も限られている」のでちょっと注意が必要ですが、全ての動画のダウンロードができ、「オフライン再生」に完全対応しているのはとても便利で、視聴中に止まったり、引っかかったりすることがないため、快適に動画が見られます。

値段に対して作品数が充実しており、とくに「音楽系」に強いので、「懐かしい主題歌やタイアップ曲を聴いていたら当時のドラマを見たくなった」「昔見た映画の主題歌だったのを思い出した」「とにかく安く済ませたい」「オフラインで動画を楽しみたい」「音楽系の動画が見たい」という人にはおススメ!

Tsutaya TV

「Tsutaya TV」は、「TSUTAYA」のグループ会社が運営する「動画配信サービス(VOD)」であり、旧作だけならば定額で約1万タイトルが見放題ですし、毎月1100円分のポイントがもらえて、見放題のラインナップにはない個別課金の新作タイトルを2本分ほど視聴できるなど、ユーザーインターフェースの使いにくさは少々難ではあるものの、定額の「動画見放題プラン」はけっこうお得に利用できます。

見放題のラインナップが少し少なめなのを補ってくれるのが「TSUTAYA DISCAS」であり、宅配サービスで1ヶ月につき8枚まで「DVD」「CD」の全商品がレンタル可能になり、9枚目以降も「旧作DVD」と「CD全商品」が借り放題で楽しむことができるので、「DVD」「CD」の宅配レンタルサービス「TSUTAYA DISCAS」と組み合わせたプランにすればとても便利で、連携させることで力を最大限に発揮するでしょう。

「動画配信されている作品だけでなく『DVD』などでも映像作品を楽しみたい人」「映画やドラマの主題歌や挿入歌を『CD』で聴きたい人」「旧作だけでなく『新作』『準新作』もいち早く視聴したい人」「動画配信もレンタルもフル活用する自信がある人」には、とてもおススメです!

music.jp

「music.jp」は「音楽配信」だけでなく、「動画配信」と「電子書籍」も一緒に楽しめるサービスで、「動画配信」の作品数は国内最大級の18万本以上と充実しており、満足いくラインナップです。

他のVODなどと違うのは、音楽と書籍は「購入」、動画は「レンタル」となり、月額料金を「ポイント」に変えて、デジタル作品を通常よりも安く「購入」「レンタル」することができるというところ。

月々もらえるポイントを全部使ってしまえばそれ以上は「課金」になり、「定額で見放題」などではないですが、「ポイント」は多めにもらえますし、「音楽作品」「映像作品」「電子書籍」を一緒に楽しめるのは、「映像作品とテーマソングや原作をリンクして楽しみたい人」には大きなメリットと言えるでしょう。

 

  • この記事を書いた人

のんびり探偵

「いぬ」も好きだけど、やっぱり「ねこ」がいいな~と思う今日この頃。 「ねこ」好きなので、これが「世を忍ぶ仮の姿」です。 趣味に関する記事だけでなく、実用的なお役立ち記事もたくさん掲載していきたいと思っています。 でも、「ねこ」は超のつくほど「マイペース」な生き物。 私も「ねこ」系なので、あくまでも「のんびりと」「まったりと」「ゆる~く」更新していきます。そのあたりはお許し下さいね。

-なつかしの歌・音楽