ブログ運営で家計に+

afb(アフィb)はユーザー側からの評価が特に高い人気のASP

2016-09-04

きなこ
アフィリエイトは単価が高いASPのほうが儲かるんだよね
稼ぎやすくて、ユーザーにやさしいASPがいいな
ココ
とろ
それなら、「afb(アフィb)」がおススメだよ

 「アフィリエイト」を始めて少し経つと、「ASP」についての考え方が変わってくると思います。

最初の頃はなかなか報酬が発生しないので「提携可能な広告数の多さ」が一番の基準になるかもしれませんが、報酬が上がるにつれて「アフィリエイター(利用者)」側から見て使いやすいかどうか、有利かどうかが大切な基準の1つになります。

「管理画面の使いやすさ」「最低支払金額の低さ」「締日から報酬振り込みまでの日数の短さ」「nofollowへの対応の有無」「特別報酬」などなど、使いやすさ・有利さと、「アフィリエイター」の「こうして欲しい」という要望への対応の素早さや柔軟性をあわせ持つ「ASP」は、じつはそう多くはありません。

この記事では、ユーザーから評判のよい「ASP」を探している方のために、「物販系アフィリエイトASP」の中でも「アフィリエイター」にやさしい対応で人気が高い「ASP」である「afb(アフィb)」について見ていくことにしましょう。

この記事を読むことで、「afb(アフィb)」の使いやすさや有利さがよく分かり、「アフィリエイト初心者」にとってもベストな「ASP」の1つだと納得できることで、「登録すべきASP」を選ぶための判断の基準をはっきりと持つことができるようになるかもしれません。

この記事を読んでほしい人

  • アフィリエイターから評判のいいASPを使いたい人
  • 単価が高く、稼ぎやすい条件が揃っているASPがいい人
  • 初心者に優しいASPに登録しようと思っている人
  • 「美容」「金融」「保険」などのジャンルに強いASPを探している人
  • 「メイン」でも「サブ」でもどちらでも使える優良ASPに登録したい人

どんなアフィリエイトASP?


 「afb(アフィb)」は(株)フルスピードが運営している、「A8.net」などの古参ASPに比べると比較的新しい後発組ASPです。

もともと(株)フルスピードは企業として「アフィリエイトをしていた」のですが、「アフィリエイトB」として、新たに逆の立場となる「アフィリエイトASP事業」を立ち上げることにしたみたいです。

そのため、アフィリエイターが「どういう視点でASPの良否を判断しているのか」という「ASPを使う側の視点」が、とてもよく分かっていると言われているようです。

ASPとしては後発組ですから、先行する他社のASPに追いつき追い越すために、積極的に「利用者側の視点に立った」営業やユーザー対応を展開しています。

「A8.net」と比べると分かりやすいですが、提携可能広告数は遥かに少ないものの、そのぶん有利な条件で提携出来たり、アフィリエイター側の特別報酬などの要望にも比較的柔軟に対応して頂けるみたいです。

優良なアフィリエイターには、早目に担当者を付けてアフィリエイトに関する相談事やサポート、アドバイスを惜しまずにしてくれます。

そうした姿勢が評価されてか、利用者であるアフィリエイターからは、「afb(アフィb)」は「対応が早く丁寧だ」と評判も上々です。

例えば「通常単価をアップして欲しい」「テキスト広告を自由形式にして欲しい」などのアフィリエイトに関する大小さまざまな要望は、他のASPでもできますが、「afb(アフィb)」が一番相談しやすいという人も多いようです。

アフィリエイトマーケティング協会のアンケート結果でも評判はとても良く、「afb(アフィb)」 は「最も満足度の高いASP」の支持率が高く、特に「アフィリエイト収入の多いアフィリエイター」からの支持が非常に高いという分析もあります。

また「カイゼン宣言」と題し、アフィリエイターの要望を可能な限り聴いていこうとしている姿勢を前面に出してASP運営を行っているのは、実際の改良改善点以上に、「afb(アフィb)」印象の良さや存在感にもつながっているかもしれません。

登録審査は「A8.net」よりも厳しく、「A8.net」と違って複数のASサイトを登録する際にはその都度審査があり、さらに登録サイトごとに広告提携をしていく必要があります。

少々注意すべき点としては、広告提携を一度否認されてしまうと、そのサイトでは再度申請にチャレンジすることができないということ。

サイトを変えればまた申請は出来ますが、「大丈夫」と思っていても提携否認されることが結構あるので、提携申請が「ワンチャンス」しかないというのはちょっとキビシイ気がします。

2016年11月にサービス10周年を迎えたのを機に、「アフィリエイトB」から「afb(アフィb)」にサービス名称が生まれ変わりました。

名称が変わっただけでなく、前以上にアフィリエイター目線の改善を積極的に行ってくれている、「最も稼ぎやすいASP」の1つだと言えるので、必ず登録するようにしましょう。

参考記事
A8.netはアフィリエイトをするなら最初に登録すべきASP

続きを見る

報酬締日と振込日、手数料では有利


 「afb(アフィb)」では、アフィリエイトで確定した報酬は、毎月末日締で集計されて翌月末日に指定口座に振り込まれます。

締日から振込日まで30日かかりますが、これは他のアフィリエイトASPと比べてダントツの速さです。

この振込日までの速さは結構大切であり資金繰りにかなりの影響を与えますので、これが速いのはアフィリエイター側からすればかなりうれしいことです。

報酬を発生させても、手元に入ってこなければ「ない」のと同じですからね。

さらに「afb(アフィb)」では振込口座への入金手数料がかからず、この点もうれしいところです。

また「afb(アフィb)」では、確定報酬の支払いは「777円以上になったら自動換金」となっており、最低支払金額がASPの中でも最も低いです。

報酬には、消費税を上乗せして振り込んでもらえます。

「afb(アフィb)」には他のASPで扱っている広告もありますが、「afb(アフィb)」の方が通常単価が高いという例もありますし、成果を上げていれば特別単価にも柔軟に対応してくれるので、アフィリエイターにとっては稼ぎやすいASPであると言えそうです。

同じ広告を紹介しても、報酬単価が違うとアフィリエイト収益は大きく違ってきますからね。

参考記事
バリューコマースは多数の有名ブランドと提携可能な大手ASP

続きを見る

ステージ制度について


 「afb(アフィb)」では「A8.net」のメディアランク制度と同様に、ステージが設定されています。

ステージは1か月ごとに報酬の多さで決められ、ステージによって報酬額設定がアップしたり、有利な条件で新しい広告提携が交渉できたり、アフィリエイトを進める上で有益で有利な情報にアクセスできるようになったりと、さまざまな特典を獲得することができます。

ステージはECサイト等に公開されますので、稼げる人はどんどん有利な条件になりさらに報酬が増えていくということになります。

このあたりは、「A8.net」のメディアランク制度とほぼ同じ仕組みです。

広告を選ぶ際には重要な選択基準となる「CVR」や「承認率」などの指標は3ヶ月合計で5万円、「EPC」は3ヶ月合計で10万円以上稼がなければ見ることはできません。

しかし、「afb(アフィb)」の広告を中心に使って「成果を集中」すれば、それほど難しい金額ではなく、「担当者」も早い段階で付けてもらえるかもしれないので、ランクアップをするメリットは大きなものになるでしょう。

以前は1か月間の確定報酬金額の合計で決められるという点で、「A8.net」よりも若干キビシメのランク制度といえましたが、現在は「A8.net」と同様、3か月間の合計金額でランクが決められるようになりました。

優秀なランク制度であり、アフィリエイトで稼げるようになれば意外と簡単にクリアできるようですので、是非ステージアップを狙って活用していきましょう。

参考記事
アクセストレードはゲームや金融に強いと評判のおススメASP

続きを見る

標準再訪問期間

 「afb(アフィb)」の再訪問期間は、「A8.net」のように個別に設定されておらず、特段の特記事項がなければ、原則的にすべて一律で「90日」に設定されています。

この「90日」というのは、一般的に設定される「再訪問期間」のうちで最も長いもので、「アフィリエイターが稼ぎやすいように、ちゃんと考えてくれているんだな」と好感が持てる仕様だと言えるでしょう。

こういうところが、「afb(アフィb)」が「アフィリエイターにやさしいASP」と評判をとっている理由の1つなのかもしれません。

ある訪問者が広告をクリックしても、その時はすぐその場で成約せず、リンク先のサイトを見ただけで離脱してしまった場合でも、再訪問期間内に申し込みをすれば成果として認められ、報酬を受け取ることができます。

再訪問期間はASPによって扱いが違っており、大きく分けると「プログラムごとに個別に設定するASP」と「扱う広告ごとの設定ではなく、原則として一律で同じ期間が設定されるASP」があり、「A8.net」は前者で、「afb(アフィb)」は後者となります。

さらに、一律で同じ期間が設定される場合でも、その期間は「90日」「60日」「30日」とおおよそ「3パターン」に分かれます。

ただし、標準の再訪問期間が決められているASPでも「例外のプログラム」はあるので、広告提携の際には特記事項がないかどうかは確認しておくほうがいいでしょう。

広告提携否認後の再審査

 「afb(アフィb)」は「A8.net」とは違い、一度広告の提携が「否認」されてしまえば、「再審査」の申請はできません。

提携却下されてしまった案件は、「afb(アフィb)」の管理画面では内容を見られますが、「申請」のための「チェックボックス」や「ボタン」が消えて、申請ができなってしまう仕組みです。

ただし、広告プログラムの提携は「サイトごと」に行われるシステムなので、提携却下されたサイトとは別のサイトであれば、申請ができます。

つまり、「各登録サイトごと」に申請できる回数は「1回だけ」ということです。

「初心者」のうちは、難しめの審査があるプログラムへの応募は事実上無理であり、最初のうちは、申請すれば必ず提携される「全提携」のプログラムを中心に利用していくことになるでしょう。

この「再審査不可」のシステムは、けっこう地味に苦しめられることになります。

複数のASPに同じ広告がある場合、「afb(アフィb)」は「他のASPよりも単価が高めである」など、条件がいいプログラムであることが多いため、「大丈夫」と思って申請したところ「否決」されたとなると、ダメージがかなり大きいと言えます。

まして、それが他のASPになくて「afb(アフィb)」にしかない案件だったりすると、ショックで目も当てられません。

「ぶっつけ本番の一発勝負」になるので、審査のある広告主との提携申請は、ちょっとだけ「慎重に」したほうがいいようです。

参考記事
賢威をテンプレートに使ったときに期待できる効果を検討する

続きを見る

「rel=”nofollow”」に対応


 「afb(アフィb)」では、アフィリエイトリンクに最初から「rel="nofollow"」タグが入っています。

これはAS(アフィリエイトサイト)を作っていくのに重要な部分で、「nofollow」対応の有無はASPを選択するのにも重大なポイントになります。

「nofollow」属性というのは、検索エンジンの巡回ロボットに、特定のリンクに対して「リンクをたどらない」という指示を与えるために使用するタグです。

グーグルのマット・カッツ氏などによれば、「nofollow」属性の利用が推奨されているのは主に以下のケースです。

「nofollow」を入れたほうがいい場合

●リンク先が信頼できないコンテンツである

●有料のリンクである

●リンク先がクロール不要/できないページであるなど

このうち、アフィリイエイトは広告リンクであるため「有料のリンク」に該当する可能性があり、グーグルの検索順位にも影響するかもしれませんので「nofollow」タグ入りのアフィリエイト広告を使うのがおススメです。

マット・カッツ氏ははっきり影響があると断言していませんが、アフィリエイトに対しては「nofollow」属性を「入れたければ入れてもよい」という言い方をしています。

私が試してみたところ、アフィリエイトリンクの数が少なければあまり影響はないようですが、ちょっと数が多くなってくると順位への影響がでるように感じました。

アフィリエイトはついつい広告を複数貼ってしまうものなので、すぐにリンクの数が増えてしまいます。

という訳でアフィリエイトリンクタグには「nofollow」タグを入れた方がいいのですが、通常アフィリエイトASPはアフィリエイトリンクへの手動での改変を禁止していますので、あとから「nofollow」タグを加えることができません。

だから初めから広告リンクの中に「nofollow」タグを入れてくれているアフィリエイトASPを選ばないと、あとで困ることになります。

最近ではほかにも「nofollow」対応をしてくれているASPもでてきましたが、「afb(アフィb)」はアフィリエイトリンクに「nofollow」タグを入れてくれた最初のASPであり、「アフィリエイター目線」を示す証拠と言えるかもしれません。

「target=”_blank”」問題への対応

 「afb(アフィb)」でも、「A8.net」同様、2019年(令和元年)9月4日からデフォルトで配布されるアフィリエイトリンクのコードから「target=”_blank”」が削除されました。

すでに掲載している「target=”_blank”」付きのリンクは引き続き掲載できるようです。

「target=”_blank”」の問題は以前から指摘されていましたが、アフィリエイターを中心に疑問の声が大きくなってきていたところでした。

この決定は、それに敏感に反応したものだと思われ、大手のASPとしては最も早く「A8.net」とほぼ同時に対応に踏み切っています。

「target=”_blank”」問題は、そもそも「セキュリティの脆弱性」と「リンク元のパフォーマンスの低下」「リンク先がうまく開かない」などの問題点がありました。

「脆弱性」の問題について具体的には、リンク先のページソースの「Javascript」に「window.opener.location = newURL」と書かれていれば、リンク元のURLが勝手に置き換わってしまい、ウィルスを仕込まれたり、フィッシングなどの犯罪に利用されたりするようです。

アフィリエイトリンク設定時にはリンク先のサイトには何も問題はなくても、その後そのサイトが閉鎖となり、悪意のある人にそのドメインが売り渡されるかして所有権が移れば、いくらでもそうした地雷原をつくることができてしまいます。

また、「パフォーマンス」の問題については、リンク元とリンク先のそれぞれのページは同じプロセスで動くため、リンク先で負荷の高い「Javascript」や「CSS」が実行されれば、それにつられるように、リンク元のページも「パフォーマンス低下」や「動作不良」を起こすというもの。

それらを防ぐためには、「target=”_blank”」を設定したリンクには必ず「rel=”noopener”」をセットで付けなければなりませんし、「noreferrer」も一緒に付いていれば、よりいいと言えるでしょう。

ちなみに、「rel=”noopener”」は「target=”_blank”」の問題を補完するためのタグで、それを「target=”_blank”」と一緒にリンク内に設定することで、新しいタブ・ウィンドウで開いたリンク先ページで「Javascript」を使ったリンク元の参照ができなくなります。

「noreferrer」は「リファラ」を測定できないようにして、どこのサイトからやって来たのかがリンク先に伝わらないようにするタグ設定で、「リファラ」とは、リンクをクリックした際に、リンク先のサイトに伝えられるリンク元のページの情報のことです。

しかし、「noreferrer」も付けてしまうと「リファラ」が計測できなくなり、アフィリエイトが「どのページから成約したか」分からなくなるなどの成果測定や分析上の不都合が生じてしまいます。

「noreferrer」は「rel=”noopener”」と一緒に用いられることが多く、「rel=”noopener”」は「target=”_blank”」とセットで使われるため、それならいっそのこと「target=”_blank”」を外してしまいましょうということになったのかもしれませんね。

参考記事
商用利用OKの素材集を活用して写真やイラストを手に入れよう

続きを見る

アフィリエイトリンクの改変

 「target=”_blank”」を削除したリンクコードでの運用が開始されましたが、自分で「target=”_blank”」を付け加えることもできるようです。

もし「target=”_blank”」をリンクコードに含める場合は、今後はrel属性として「rel=”noopener”」の付与が推奨されるそうです。

このあたりは、「A8.net」とほぼ同じ見解であり、妥当な措置だと言えます。

「afb(アフィb)」のアナウンスの文面を読む限りでは、「target=”_blank”」の属性の追加に関しては、「アフィリエイター側の自己責任において対応するのであれば、『禁止されている広告リンクコードの改変行為には当たらない』という見解のようです。

また、「rel=”noopener”」を追加することによる成果計測への影響はないそうです。

「Wordpress」を使用している人は、リンクに「target=”_blank”」をつけると自動で「rel=”noopener”」も付いてしまうので便利と言えば便利ですね。

「A8.net」とほぼ同じと推察されるとは言え、ASPごとに見解は違いますので、判断に迷うケースが出てきた場合には、「リンクコードの改変に当たらないか」どうかなどを「afb(アフィb)」のサポートに問い合わせることをお勧めします。

「改変に当たらない」場合でも、あくまでも自己責任でのコードの追加ですので、「キチンとリンク先へ移動できるか」や「タグの追加による成果発生や計測などへの影響はないか」を自分で確認しておくことが大事です。

追加する際に少しでも間違えたことをすれば、例えば、遷移の不調で離脱されたり、成果承認に問題が生じるなど「被害甚大」になるので、自信がない方はそのままにして触らない方がいのかもしれません。

ASPデータ一覧

着眼点ASPデータ
得意分野■美容・金融・保険・転職・占いなど
(全ジャンルあり)
標準再訪問期間■90日
締日■末日締め
報酬支払日■翌月末日
支払猶予の日数■30日
最低振込額■777円
報酬振込手数料■無料
ランク制度■あり

■名称:パートナーステージ
ランク評価基準■確定報酬金額

■直近3ヶ月合計

■ステージの更新は毎月10日前後
広告提携却下後の再申請■再審査不可

■サイトが違えばOK
nofollow■対応済
SSL■対応済
AMP■対応済
創業年■2006年
備考■担当が付きやすいと言われている

■独占案件が豊富

■報酬は高め

■クローズド案件も多数

■広告主との提携はサイトごと

■リンクに別タブを開くタグがない
(「target=”_blank”」がない)
※2019年9月4日~
おススメ度

この記事のまとめ

    • アフィリエイターに最も評判が良く、利用者満足度の高さも1、2を争う優良ASP
    • 最低支払金額が低く、支払猶予日数も短いので、報酬がはやく振り込まれる
    • 他のASPと比べて単価が高いことが多く、標準再訪期間の設定も長いため稼ぎやすい
    • アフィリエイターにやさしいASPと言われており、担当者をつけてくれやすい
    • パートナーステージを上げて、さまざまな有利な情報や特典がもらえる
    • 一度広告提携を否認されると、そのサイトでは再チャレンジができない点は注意
    • 「カイゼン宣言」などに見られるように、常にアフィリエイターの声を聴こうとしている

 

-ブログ運営で家計に+

テキストのコピーはできません。

© 2016 のんびり探偵の事件簿